想像以上の絶景!!グランドキャニオンがやっぱりすごすぎる

 

こんにちは!

カンボジアの料理(油)が合わずずっとお腹ゆるゆるなユキです!

でも味付けはおいしいし屋台のお姉さんが大好きなのでついつい食べちゃいます!

東南アジアに来てからトイレットペーパーの価値がグインと急上昇。

 

 

\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ラスベガスの興奮も冷めやらぬまま、今日からは本格的なロードトリップの始まり。

ロードトリップ(ドライブ旅)の何が素敵って‥

気になる場所、綺麗な風景などに出会ったらすぐに車を停めて自由に自分たちの時間を過ごせること!

 

 

オーストラリアで2週間ちょいのロードトリップをした時もそのあまりの自由度にすっかり虜になっちゃった私たち。

車がある=家がある

みたいな感覚なので、普段ヤドカリさんみたく宿を転々としている自分たちにとっては最高に贅沢なことなのです!!

 

 

ラスベガスから車を走らせること約1〜2時間でその最初の絶景は現れました。

 

IMG_3511

 

なんかゴツゴツした山に囲まれた川!!

 

 

 

そのさらに3〜4時間後に、給油のためガソスタに寄りました。

数時間前までは半袖の陽気だったのが嘘みたいに寒くなってました!

 

 

ヒィ〜!寒い!!

 

 

そう言いながら慌ててお母さんがくれたユニクロのヒートテックと上着を羽織っていたら向こうのほうに見えた綺麗な虹!

 

IMG_3530

 

しかも2本!感激♡

 

 

しかしさっきまで暑かったのに数時間車を走らせたら冬になってるアメリカ。

面白いなぁ。

 

 

そのさらに1〜2時間後。

もうすぐグランドキャニオンに着くよ〜!!

って時に現れた夕焼け空。

 

IMG_3550

 

 

こんな真っ赤に燃えた空を見たのはいつぶりだろう?

「二人とも運転お疲れさま」

ってまるで労ってくれてるかのよう。

 

 

これから絶景を見に行くのに‥

そこにたどり着く前にお腹いっぱいになっちゃいそう。

 

 

日も暮れ、あたりは一面真っ暗。

その中にポツンとたたずむ入場ゲート。

 

 

ついに来ちゃったね‥

 

 

入場料を支払い、中に入ります。

街灯とかがあるわけではなく、本当に真っ暗な自然の森の中を走ってるそんな感覚。

野生動物が出てきたら大変なので時速40kmくらいで車を走らせます。

 

 

 

入場ゲートでもらった地図を頼りに進み、私たちが辿り着いたのはスーパーとかが入っている駐車場。

ギリギリスーパーも開いていたので、今晩のディナーを調達へ。

 

 

寒い!!

 

 

だけど私たちは心に余裕がありました。

なぜならウォールマートで寝袋をゲットしていたからです(`・∀・´)

 

 

何を隠そうこの日は車中泊。

けどこの寝袋のおかげで寒さをしのぐことができました!!

寝袋様様!!!

 

 

翌朝、トントンと窓を叩かれビクッと体を起こす私たち。

トントンの主は隣の車の外人さん。

トントンするだけして去って行かれました‥。

 

 

何だったんだろう。怖い〜

 

 

お前らこんなとこで寝てると凍え死ぬぞ!

って起こしてくれたのかな‥?

 

 

真意やいかに‥

 

 

 

 

で外を見ると‥

 

 

雨ですやん( ´)Д(` )

 

 

思いっきり、雨ですやん( ´)Д(` )

 

 

絶望的‥

 

IMG_3570

 

 

 

みんなが頭の中で想像するような“グランドキャニオン”が目の前に広がるはずの場所も・・・

 

IMG_3583

 

 

この通り(笑)

 

 

IMG_3567

なんも見えない(笑)

 

 

 

「晴れろ〜〜〜」

 

IMG_3575

 

 

辛抱強く(凍えながら)待っていると雲がなくなってきました!

 

 

IMG_3582

 

 

「おお〜見える見える!」

 

周りから日本語が聞こえてきたのでそのまま会話を盗み聞きしていると

どうやら関西からツアーで来られてる方達のようでした。

 

まだ朝の10時とかだったけど、次のスポットに向けてもう出発しなきゃいけない時間だったらしくすっごいかわいそうでした。

「雲の隙間から少し見えただけでも奇跡、奇跡。」

と喜んでる姿が健気でなんとも言えない気持ちに‥

 

 

 

 

そのツアー客の方達と同じくらい、いや、きっとそれ以上に晴れろ晴れろ晴れろ〜!と祈り続けた結果・・・

 

 

 

 

 

見事に晴れました!!!(´;ω;`)

 

 

IMG_3623

 

 

遠足の子供達も大はしゃぎです!

 

 

待ちわびていた、夢焦がれていたグランドキャニオンのお目見えです(≧▽≦)

 

 

スポンサードリンク

 

どーーーーん

IMG_3636

 

 

もうね。絶句ですよ。絶句。

 

今まで南米のグランドキャニオンと言われているところに二箇所。

タイのグランドキャニオンと言われるところに一箇所。

行ってきましたが、是非このグランドキャニオンに謝っていただきたい!笑

 

 

そのくらい規模が違う(´;ω;`)

 

 

 

 

 

こんなところや

IMG_3658

 

 

 

こんなギリギリのところまで行けるようになってるんだけど

IMG_3691

 

 

これトリックアートでもなんでもなくて本当に一歩間違えたら死亡事故。

死体も回収してもらえないかもしれません。。。こわっ笑

 

 

こんなところでダチョウ倶楽部の押すなよ、押すなよ!のネタは絶対にしてはなりません・・・

 

 

IMG_3620

 

 

 

 

絶景を堪能した後はブレイクとして

脇道にあるハイキングコースをお散歩するのもとってもオススメ♪

 

 

 

野生の動物がのんびり草を食べていたり

IMG_3723

 

 

野生のリスがそこらじゅうにいたり

IMG_3753

誰か見つけられるかな?笑 画像の真ん中にリスがいます♡

 

 

 

どんぐりがたくさん落ちていたり

IMG_3759

 

 

人も全然いないので、無意味にジャンプ写真撮ってみたり。笑

IMG_3747

 

 

めちゃくちゃ楽しかったです!!

 

 

 

グランドキャニオンには色んな見所があって、それが40km50km離れていたりします。

なので車でポイントからポイントへと移動します。

その道がまたグーなのです。

 

IMG_3761

 

 

朝にはあんなに雲と霧がかかっていたノースリムだかサウスリムだかというポイントは‥

 

IMG_3763

 

 

見事にこの通り!!

 

あのツアー客の人たちにも見せてあげたかったなぁ。

 

 

さらには虹までもが・・・!!

 

IMG_3787

 

 

 

ちなみにちなみに・・!!

ここに流れてる川はなんと・・!!

 

 

このブログに最初に載せた写真の川と同じ川でした(o^ω^o)

なん百メートルも離れてるところで見た川がこのグランドキャニオンから流れてるなんて‥

 

自然ってすごい!!

 

 

 

車に戻ろうと駐車場へ向かうと、お出迎えしてくれたのは

 

IMG_3815

 

 

わぁ!!

 

 

さっきは遠目からしか見れなかった鹿さん!!

 

 

悠々とお食事中でした(o^ω^o)

 

IMG_3821

 

 

 

 

朝日が綺麗そうなので、もう一泊しようかな‥

とも悩みましたが、次に向けて今夜出発することにしました。

 

 

駐車場に出ると今度は綺麗な夕日がお出迎え。

 

IMG_3835

 

次から次へと素晴らしい絶景を用意してくれるグランドキャニオンにただただ感服。

晴れてくれて本当に良かった。

ここにこれて本当に良かった。

 

 

 

 

今度来るときはきっと家族で。

 

「またね。」

 

と言い残し、グランドキャニオンを後にしました。

 

 

 

車を走らせること数時間。

次の目的地近くの街まで着くことができました。

 

 

お風呂に入りたかったので、今日は適当なモーテルにチェックイン☆

近くのウォールマートで半額になったパンやサラダなどを買って、宿で乾杯。

また激しく動きだす明日に備え、ゆっくりと体を休ませました。

 

 

明日はアンテロープキャニオンへ!

 

 

\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

 

 

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です