こんなモチベーションで世界遺産を見るのって私達くらいかもしれない


スポンサードリンク

 

スース・ダイ!ユキです!

17160960_10154163297076949_462532359_n

 

 

今日憧れていたサントリーニ島のイアという地区に行ってきました!

 

絵画のように綺麗すぎる街並みに思わずため息が出る‥

 

サントリーニ島の存在を知った2012年の私へ!!

 

きたぞー!!私たち本当にサントリーニ島にいるぞー!!

 

 

\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

 

スポンサードリンク

 

2017.1.27

【カンボジア】シェムリアップ

********

 

 

朝一で着いたのに‥


 

早朝4:00に起きて準備して4:40には宿を出た私たち。

 

重たい自転車をこぎながら、たくさんのトゥクトゥクに追い抜かされながらも私たちは頑張った!

 

昨日一回目に間違えて行ったチケットオフィスは、今ではチケットコントロールとしての機能だけを残しているみたいです。

 

そんなことは知らないので素通りしようとしたら背後から“ピピピピー!”とホイッスルを鳴らされてしまった。

 

そこの場所に戻ると、数人の係がいて入場券の日付と顔写真をチェックしているみたいでした。

 

 

空はまだ真っ暗!

アンコールワット到着時間は5:40!

 

あれ?なんか人が多いぞ?笑

 

開場時間(5:30)から10分経ってるけどいいポジション取れるかなぁ?

 

はやる気持ちを抑えられず、ついつい早足になってしまう。

 

 

みんながよくポストカードとかで見ている景色が見えるところにたどり着き

 

アンコールワットが目の前に見えるスポットや最前列はもうすでに人で埋まってしまっていたけど

 

それでも人との隙間からカメラを構えればいい写真が撮れそう!

 

どれどれ〜?

 

人!人影!!!!

 

 

あれ!人影が入っちゃった!!

 

 

それもそのはずなんです(´;ω;`)

 

 

見てください!!!(´;ω;`)

 

 

この人の多さを!!!(´;ω;`)

 

 

右を見ても

 

左を見ても

 

 

人人人人人人人人人人人人!!!!

 

 

話し声を聞いているとほとんどが中国人。

 

 

なんとこの日、旧正月(春節)休みの1日目ともろかぶり。

 

 

ツ、ツイてない‥。

 

 

昨日に引き続き、ツイてない‥。

 

 

こんな人が密集してんのに、人混みの中でタバコ吸い始める人とかいるし

 

勘弁してよー(´;ω;`)

 

 

 

途端にテンションが下がったりもしましたが!

 

気を取り直して‥

 

 

気合を入れて撮った写真がこちら(`・∀・´)

 

 

やばばい〜美しい〜!!!

 

 

トワイライトや‥完璧すぎるトワイライトや‥。

 

 

もういっちょ!

 

 

 

時刻は6:15。

 

予定ではそろそろ太陽が顔を出す時間。

 

夕日とか朝日とかが大好きな私。

 

その瞬間を動画として残すために今か今かとムービーを回し続け

 

 

気がつけば10分以上撮影してました。(う、腕が…)

 

 

周りを見てみると、ぞろぞろとみんな帰り始めてる。

 

えっ!みんないいの?!

 

日の出の瞬間見なくていいの?!

 

 

 

とか言いつつ待ちきれなくて

 

私たちも帰りました。笑

 

長いんだもん(・ω・` )

太陽全然昇ってこないんだもん(・ω・` )

 

 

太陽に照らされて入口の門もきれいだなぁ〜

 

何気なく後ろをふっと振り返ったら・・

 

 

あともう少しだ!

 

そしてついに朝日様が〜!!!

 

じゃああああああん!

 

 

 

あ、あれっ、激しく微妙。

 

 

あとからの調べによると、アンコールワットは朝日の瞬間を楽しむんじゃなくて

 

その前のトワイライトの薄暗い中で見えるシルエットが一番きれいなんだそうですよ!

 

 

そっか、あそこで退散してて正解だったんだね⭐︎

 

 

 

憧れのアンジーの世界へ


 

次に向かうのはタプロームというところ!

 

アンジェリーナ・ジョリー主演の“トゥームレーダー”っていう映画の舞台になった場所なんだって!

 

 

ミーハーだし、アンジー好きだしここだけは抑えとかなきゃ!と意気込んでいた場所でございます(`・ω・´)キリッ

 

 

 

アンコールワットからタプロームまで自転車に乗って移動です!

 

maps.me(地図アプリ)で場所を確認すると8.2km

 

ハ、ハチキロ・・・
(帰りたい)

 

ここでもビュンビュン追い抜いていくトゥクトゥクたち‥

 

 

「トゥクトゥクに自転車乗っけて連れてってもらったらいくらかかるかな‥」

 

 

遠回しにトゥクトゥクに乗りたいよアピールしてみたものの

 

「はい、いくよー!」と軽くあしらわれる(・ω・` )

 

 

自転車で回るって決断したのは私たち。頑張るしかないのかな〜。

 

 

 

 

自転車は辛いけど、道中の景色がきれい

 

制服姿の小さな兄妹が二人乗り自転車で通学していた。

 

この世界中から観光客が集まるアンコールワット遺跡郡の中にも家を持ち生活してる人たちがいるんだなぁ。

 

 

 

 

途中売店でお水を買ったり、小休憩を挟みながら45分くらいでタプロームの入り口に到着。

 

 

自転車を停めた途端に群がってくる数人の子供たち。

小学生くらいか?

さっき小学校あったぞ?

なんで学校に行かないんだ。

 

「マダーム、ポストカード1ドル。買ってー!」

 

「サー、キーホルダー1ドル!買って買ってー!」

 

 

子供たちのきれいな瞳を見ると(たった1ドルだし‥)と買ってあげたくなる気持ちもわかります。

 

でもどこかでこんな看板を目にしたのを覚えています。

 

子供から物を買わないでください。
物を買うということは、彼らが学校に行かないことを助長することになります。

 

その通りかもしれません。

 

一人の男の子に「学校に行けないの。買って。」と言われました。

 

色んな国からの支援でたくさんの無料学校がこのシェムリアップにもあるはずです。

 

子供がたくさん物を売れたら、その大元の親はさらに学校に行かせなくなるんじゃないか。

 

学校に行ける環境はあるはずなのに、“行けない”んじゃなく“行かなく”なるんじゃないか‥

 

就学率の低さとか、問題はもっと深いのかもしれないけど、でも

 

(かわいそうだから買ってあげよう)っていう軽い気持ちで行動はしないほうがいいんだろうなとは思いました。

 

 

「物を売らずに、勉強してね。」

 

 

酷かもしれないけどもちろん何も買わず、入場ゲートから中に入りました。

 

その瞬間から圧倒される遺跡感!!!

 

 

 

全然勉強してこなかったのでこの時はわからなかったけど

 

このタプローム、12世紀末に仏教寺院として建立されて、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡らしいのです。

 

たしかに!!!

 

一見仏教寺院っぽいけど、この彫刻とかがなんともヒンドゥー教っぽい!!

 

わかんないけど、っぽい!

 

 

 

 

少し進むと、これです!

 

木が遺跡から生えてる!!

 

これには大興奮!!!

かっこいい!!

めちゃくちゃかっこいい!!

 

 

ここってあのアンジーのシーンのところだよね!

 

きゃー!興奮!!(映画見てないけど)

 

 

これだけ見れたのでもうだいぶ満足ヽ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

なんだこれ、ラピュタの世界やん(=゚ω゚)ノ

 

 

色んなところで遺跡が崩れ落ちてる。

 

 

元はどんな形をしていたのかな。

 

 

崩れた石と石の間からも植物は生える。

自然の力ってすごい。

 

 

ここにも遺跡を覆いかぶさるように生えてる木が。

なんて神秘的なんやぁ。。。

あまりの神秘的な雰囲気に「うわぁ〜」とか「ほぇ〜」とか「すげ〜」とかしか声が出ない。笑

 

 

樹齢何年くらい経ってるんだろう?

ものすっごい高い木ばっかり!

 

 

見て、こーんなに!!

 

 

 

いやータプロームすごい!アンコールワットよりも遺跡感がすごくて大感動!

 

満足じゃ満足じゃ。

 

 

 

「よし、帰るか!」

 

 

 

 

「えっ!まだ9時!!」

 

 

 

本音をいえば私もここで帰ってしまいたい気持ちでいっぱいだったけど

 

せっかく20ドルもする入場料金を払ったんだから今日朝日を見たアンコールワットのところまでぐるっと一周することにしました!

 

 

ざっと計算してみてもぐるっと一周で9kmか‥

 

太陽も昇ってきたしどんどん暑くなってくるなぁ。

 

頑張るしかないか!
(本音は早く帰りたい)

 

 

 

途中、なんとか遺跡〜とかなんとかの門〜とか色々ありすぎるくらい見所があったんだけど

 

全くと言っていいほど興味がわかず。
(早く帰りたい)

 

それっぽいところで写真を一応撮ったりもしたけど

 

気合と愛情がこもってないので、まぁいい写真が何一つない!笑

 

写真って撮影する人のモチベーションとか気持ちとかが素直に現れるんだなぁ。

 

アンコール遺跡のその他の様子をお伝えできなくてすみませんです。

 

 

 

それにしてもこの自転車。

 

なんでこんなに前に進まないの?笑

 

0.5ドルをケチってちゃんとしたレンタル屋さんで借りなかったことを死ぬほど後悔しました(´;ω;`)

 

というかよっぽど自転車が好きとかじゃない限り、体力のない人はトゥクトゥクチャーターした方が良さそうですぞ・・・

 

 

 

 

「ひぃぃぃぃぃ、足がもげる〜〜!!!」

 

 

 

 

 

「頑張れユキ〜〜〜!!!」

 

 

 

自分もしんどいだろうに励まし続けてくれるノリ。

 

あんたはできた人や・・・

 

 

途中私があまりにもヒィヒィ死にそうな顔しながら自転車漕いでるから

 

ノリが「自転車交換してみる?」って提案してくれて、交換してみたらノリの自転車の方がまだ軽かった!!

 

「ユキこんな重たい自転車こいでたの?!頑張ったねぇ!」

 

って、いくらかマシにはなったものの

 

私の足は疲労困憊です。(弱音ばっかうるさくてすみません!笑)

 

疲れが表情に表れてる

 

 

 

仏像の頭部だけが新しくなっててなんとも奇妙!

 

 

 

 

そして1時間以上かけてアンコールワットに戻ってこれました〜〜〜!!!

 

 

「もーいやっ。足がプルプルしてるー。」

 

 

 

 

アンコールワットに戻ってきて、とりあえず撮ってなかったツーショットを撮り

ノリさんもだいぶ疲れたようです。笑

 

 

「ノリ、顔!顔!」

 

 

旅するにこいち、ユキノリ考案“アンコールワットポーズ”です!くだらないって言わないで(´;ω;`)

 

 

最後に最後の力を振り絞っておきまりのジャンプ写真!

ノリ、変なジャンプシリーズ

 

 

 

 

はぁぁ〜〜〜疲れた!!!

スパルタ運動部か私たちは!!!

 

 

そこからまた6km自転車をこいで宿に戻り、

 

速攻シャワーを浴びて達成感とともに爆睡!

 

アンコールワットの朝焼けを見に行って、タプローム見て、アンコールトムはチラ見だけして

 

というか私たちアンコールワットの中にすら入ってない・・・

 

 

 

自転車で回れた達成感は感じたけど、よく考えたらそれっぽい観光ってあんまできてないような・・・

 

で、でも頑張ったから!!!

 

うちらなりに頑張ったから!!!

 

 

 

 

 

ご褒美にサムギョプサル食べ放題行きました。

 

 

一人6USドル!

キムチもナムルもチヂミもサラダもご飯もお肉も食べ放題!

天国!!!!

 

 

 

 

お腹がはち切れるくらい食べて鼻歌まじりに宿に戻ってまた爆睡。

 

こんな感じで私たちのシェムリアップ生活は終わりを告げたのでした。

 

 

明日はプノンペンに移動です。

 

ずっとブログには書いてなかったけど、正直カンボジアのご飯(油?)が合わなくて

 

カンボジアにきてからずっと下痢してるし

 

排気ガスとか大気汚染がひどくて喉はずっとイガイガしっぱしだし

 

早くカンボジアから出たい(・ω・` )
(嫌いじゃないんだけどね‥)

 

 

そんな願望を抱きながらの次回の回です。

 

ではまた明日ー♪

 

 

いつも応援心からありがとうございますヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。 
\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の写真をクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

 

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


こんなモチベーションで世界遺産を見るのって私達くらいかもしれない」への4件のフィードバック

  1. お久しぶりです\(^o^)/nonta&cantaのえいみです。元気に旅を続けているみたいでほっとしています!ブログ読んでるとなんだか楽しくて、懐かしい気分になります(^^)日本に帰ってきてすぐに日本での生活がはじまり、今では旅に出ていたことが夢のようです。身体には気をつけて、これからもにこいち旅を楽しんで下さい\(^o^)/応援しています!

    1. わーわーわー!!!
      えいみさん!!!コメントめちゃくちゃ嬉しいです〜〜(;o;)♡
      帰国後ブログをすぐ書き終えた潔さがかっこよく、でもその後どうしてるかなぁ新潟で新しい生活を送っているのかなぁとひそかに気になってました。
      やっぱり日本に帰ると旅が夢みたいだったと思うんですね。
      その夢のような時間の中にいる自分たち、1日1日全力で楽しまなきゃですね!!
      ありがとうございます(*^^*)
      お二人も体に気をつけて、日本での生活エンジョイしてくださいね♪♪

  2. ちょうどカンボジア旅が終わったところです。カンボジア、遺跡も村も地元の人たちもご飯も素晴らしくて私の中では1位に急上昇した国なのですが、表面だけ見てただ毎日宿でボーッとしてただけのお二人にこんな書き方されて、とても悲しいです。カンボジアは今まさに良くも悪くも変わりつつある国で、10年後には今のカンボジアとは様変わりしていることでしょう。今しか見られないカンボジア、一生に一度は行くべき国です。
    カンボジア人は日本人に似ていてとても思いやりがあり控えめで勤勉でとても優しい人柄の人ばかりです。いろんな地元の人たちと触れあって話をしてみましたか?
    クメール料理のアモックとかクイティウとか食べましたか?ベトナム料理のように香草ものだったり、タイ料理のように辛すぎたり酸っぱすぎたりせず、日本人の好きな味です。
    アンコールワットに行ったのに、定番のスポットから定番の写真撮っただけで、中に入らなかったのですか?壁画には様々な神話や実際にあったストーリーが描かれていたり、そのまま残っている彫刻や、雨風に晒され消えかかってしまっているものがあります。ひと昔前は入れたエリアで既に立ち入り禁止になってしまったところもあります。これからもっとそういうところが増えていくでしょう。今を逃したらもう見ることができなくなるのです。壊れたり消えてしまったり、ぎゃくにコンクリートで埋めて不自然に重複されてしまったり。
    高床式の家に住み龜に貯めた雨水で料理や洗濯をする生活をしながらもスマホ片手にハンモックでゆらゆら生活をする村の人たちを見ましたか?
    日本のアンコールワットブームが過ぎてしまい仕事が減ってしまった現地の日本語ガイドさんがたくさんいること、ブームの時に必死に日本語を勉強して資格を取ったのに、今は中国人団体客ばかりで、中国語を学びなおそうか悩んでいるガイドさんもいます。観光の閑散期はトゥクトゥクのドライバーさんたちはお客さんを捕まえるので必死です。働きたくても、余力があるのに、他の仕事に就くこともできず、必死にそこらじゅうの観光客に声をかけるんです。
    ワクワクや複雑な気持ちや、いろんな感情が芽生え、一度目に見たアンコールワットと最後に見たアンコールワット、違って見えました。涙がぽろぽろ出ました。自転車こぎすぎて身体は疲れてるのに、いろんな感情が渦巻き、考え過ぎて寝られませんでした。
    もっと多くの日本人にカンボジアを知ってもらいたいし、自分ももっとカンボジアの現状を知りたいと思いました。行きたいとこ、食べたいもの、やりたいこと、やり尽くしたと思ったけどまだまだいっぱいできたのでまた絶対行きたいです。

    カンボジアの格差問題、子どもたちの将来について考えていた時に、たまたま世界を旅しているお二人にのブログを拝見し、面白そうだなぁと思い読んでいたら、あまりにカンボジアのことを薄っぺらく書かれていて、これじゃあお二人のブログを見ている多くの方にカンボジアの素晴らしさが伝わらず、行ってみたいと思う人が増えないじゃないかと腹立たしくなりついコメントしてしまいました。
    カンボジアは間違いなく一生に一度は訪れるべき国です。
    お二人の旅が意味あるものになりますように。

    1. tmrwさん

      はじめまして、旅するにこいちのユキです。
      コメントありがとうございます!
      久しぶりにコメントが来たと思ったらこのような内容で正直ヒヤッとしました。
      ご指摘、とてもありがたいです。

      私も自分に思い入れのある国のことをよくも知りもせずに悪く言われてものすごく腹が立ったこと、旅をしていて何回かあったのでお気持ち理解できます。
      tmrwさんのおっしゃる通り、カンボジアでは「宿でダラダラしていただけ」の私たちでした。
      現地の多くの人と交流を持ったと胸を張っては言えないし、アンコールワットもブログに書いた通り(申し訳ないけど)興味が持てずに本当に仰るとおりそれっぽいところでそれっぽい写真だけを撮って満足していました。
      でも、ブログに書いていることが全てというわけではなく、ブログを読んでくれていた家族に心配をかけたくなくて書けなかったけどずっと体調が悪く宿で休みがちになっていたことだったり、感じたことを100%文字にしているわけでもないですし、それに‥その町に興味を持てるか、どのように滞在しどのような体験をするか、そしてどのように感じるかは人それぞれの自由なんじゃないかなと私は思います。

      ただ、tmrwさんにご指摘いただいて反省したのは、書き方に配慮が足りなかったなということです。
      コメントをいただいてからこの記事を読み返してみたけど、これじゃカンボジアのことディスってると思う方がいても仕方ないですね‥。
      この記事を書いていた頃は、家族くらいしか読者さんがいないくらい無名のブログだったので好き勝手深く考えずに書いていたところがありました。今ならもう少し違う書き方ができるのかなと思います。
      tmrwさんお一人がコメントを書いてくれたということは、コメントは書けなかったけど同じように感じた方も少なからずいたのかなと思います。
      せっかく見に来てもらったのに残念な気持ちにさせて申し訳ないです!

      カンボジアの方の、特に子供達の笑顔が私は大好きです。
      日本人と似た国民性だなと私も感じましたし、カンボジア人の控えめな人柄もとても好きです!
      自分たちの心身のコンディションで、今回はこんな薄っぺらい旅しかできなかったですが
      もしもう一度カンボジアに行く機会があればもっともっと真摯に向き合えたらなと思います。

      tmrwさんが見た素敵なカンボジアのお話、いつの日か機会があったら聞いてみたいですね。
      私たちのブログのコメントに貴重なお時間を割いていただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.