おじさんの一言が、今もず〜っと心に残ってる

 

 

 

はいさい♪

 

 

 

 

 

\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

 

 

 
2017.3.15
【インド】アムリトサル
********

 

 

デリーからアムリトサルへ


 

なんと電車(スリーピング)が往復二人で950ルピー(約1520円)激安のスリーピングシートをゲットしたのでレッツゴー〜!!

 

アムリトサルへ到着すると今まで見たことない風景が飛び込んできた

 

ターバンを巻いた人がサイクルリクシャを漕いでる

 



またまたターバンを巻いた人が馬で道路を走ってる

町へ行ってみると

ターバンを巻いた銅像が


あちら、こちらにもターバン銅像

 

このおじいさんも太鼓持ちながらターバンを巻いてる

 

取材されてる人も、している人もターバンを巻いている

 


なぜターバン??

 

実はここアムリトサルは「シーク教の聖地」なのです!!

 

シーク教は世界でも5番目に大きい宗教らしく

 

特徴はこのターバンなのです。

 

シーク教の男性は、髪の毛と髭を切らず、頭にターバンを着用します

 

そしてなぜか身長が高く体格がすごくいい感じがします

 

さらにシーク教は「お金持ちの宗教」とも言われているのです

 

ここアムリトサルにはグル5世が建てた黄金寺院があり

 

ギラギラ光る黄金

 

 

さらにその黄金寺院には、すべての人が平等にという気持ちを込め(カースト制度反対の意思)

 

どこの国の人、人種、年齢、何もかも関係なく地べたにすわり同じご飯を食べる

 

24時間営業の食堂があり、訪れたすべての人へ無料で食事が提供されているのです

 

しかもその運営がシーク教のボランティアの方で成り立っているというのが驚きです・・・

 

さらに、巡礼で訪れた人のために無料の宿まで設置されてるという太っ腹なシーク教

 

こんな椀飯振舞いの宗教聞いたことがありません。

 

それではグル5世が建てた黄金寺院へ行ってみましょう!

 

黄金寺院


 

アムリトサルの中心にそびえ立つ黄金寺院へいざ

 


寺院に入るにはまず靴を脱いで頭の上にハンカチを乗せて髪の毛を隠さなければなりません

 

一応僕もハンカチで頭を隠して入ります

 

まず靴を預けて(これもボランティアの人が働いてくれています)

番号札をもらいます(しかも嫌な顔一つせず親切そのもので・・素敵な対応なのです)

 

本当にここはインド??っと疑ってしまうような

 



平日、週末問わず

 

多くの人がこの黄金寺院へやってきます

子供連れだったり

子供連れだったり

入る前には必ず足を水につけ

 

清めてから入館

 


(ウワァ〜冷たい〜)

 

いざ中へ

 

中心に見える寺院が黄金寺院

 

すべての人が裸足で歩いても汚れないように

 

きちんと掃除された大理石のような地面

 

しかも定期的に歩くところには新しいシュータンが引かれ

 

清潔感が保たれています

 

インドじゃないみたい・・・


家族の記念撮影を頼まれパシャり

 

 

彼らは週に一回家族でこの寺院へやってくるようにしているそうで

 

100キロの道のりを車で

 

「そんなに遠くないから来てるのさぁ」

 

シーク教の方たちは穏やかで優しい

 

僕らはタダで食べれるという食堂を目指して歩き回りました(結構歩きました汗)

 

「ん!?この行列は??」

 

(多分食堂に違いない・・・)

 

ディズニーランドのアトラクションで並んでるのか?って思うほどの行列ができていて

 

並ぶか迷いましたが

 

タダご飯が食べれるという期待を胸に並びます(よく並んだな〜って今でも思う)

並んでいる通路の上にはシャンデリアが・・・

 

 

可愛い子供(ちゃんと頭を隠してるのがもっと可愛い)

 

何か現地の言葉でモニターに描かれている

しかも止むことのないスピーカーからの歌声が黄金寺院全体に

 

そしてアムリトサルの街全体に流れています♪

 

扇風機まで・・・黄金・・・・

ようやく1時間ほど並んで入り口にたどり着きました!!

 

「よっしゃーーーー」

 

「やっとご飯にありつける〜」

 

と。。。思ったのですが・・・・

 

黄金寺院の中には食堂はなく・・

さっきまでスピーカで流れていた歌

 

録画された音声ではなく

 

生歌・・・・・

 

アムリトサル全体に響き渡っていたスピーカーの歌はこの黄金寺院からの生歌だったのか・・・

 

凄いクオリティー

黄金寺院の外には黄金寺院へ向け思いを伝えるために

 

礼をする人や

 

見つめて動かない人や

 

土下座を通りこして

 

ぴったり地面に体を付けて思いを伝える人まで

 


タダ飯〜

 

食堂はどこですか・・・・泣

 

夜の黄金寺院


 

観光に行くなら夜が絶対にいい!!

 

黄金寺院は24時間いつでも空いています

 

夜にはライトアップされた

 

綺麗な黄金寺院を見ることができます

 

 

確かに見とれてしまうほど美しい・・

のほほ〜んと眺めている僕らの横に

 

一人のシーク教のおじさんが近づいてきました

 

おじさん、「綺麗だろ〜?」

 

僕ら、「本当に綺麗ですね」

 

僕ら、「ずっと見ていたくなります・・・」

 

おじさん、「そうだろそうだろう・・天国みたいなところだろう」

 

おじさん、「ここは天国みたいなところさぁ」

 

と、なんの曇りもなく真実を話してるような目と表情で言われた時

 

僕は心がいつも以上にドキドキした

 

いろんな宗教がある

 

日本にいると宗教と聞くだけで少し距離を取ってしまうことがある

 

でも・・・世界に出てみて宗教への感じ方と考え方が前の自分とまったく違ってきた

 

アムリトサルへ来て

 

インドに来て

 

どんどんいろんなことがわかるようになってきた。

 

 

明日は念願の食堂へ

 

 

 

 

 

\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の写真をクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です