不発なホーリー祭と、刺激的なジェネラル車両

 

スポンサードリンク

 

 

ナマステ〜!ユキです!

17160960_10154163297076949_462532359_n

 

少し前になるのですが、実はオーストラリアである旅人夫婦と再会を果たして

 

一緒に旅をさせてもらっていました。

 

そのご夫婦というのが、大人気旅ブロガーの金丸さんとカンちゃん夫婦なのです(*^^*)

 

その時の記事を金丸さんが面白おかしく(?!)書いてくれていて

 

読むたびに腹筋がシックスパックになっちゃうんじゃないかってくらい笑わせてもらってます。

 

もう金丸さん、天才だと思う(/ω\)

 

金丸さんのところから旅するにこいちを見に来てくれてる人がここ三日間くらいとても多いみたい。

 

おかげさまでランキングも急上昇中(/ω\)てへ

 

金丸さんも、金丸さんの読者さんもありがとうございます!!

 

私たちのブログはだいぶ時差があるので、書くのはまだまだ2〜3か月先になりそうなので

 

よかったら金丸さんのブログの方も読んでみてください♡

 

 

金丸文武 オンザロードアゲイン

 

 

ランキングのところからも見れます♡
\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

 

スポンサードリンク

 

2017.3.18

【インド】アグラ

********

 

 

憧れていたホーリー祭


 

世界の参加してみたいお祭りトップ3くらいに入っていたインドのホーリー祭。

 

ちなみにもう二つはドイツのオクトーバーフェストとタイのコムローイ祭。

 

カラーランが流行ってるのもこのホーリー祭から来てるのかな?

 

女子はカラフルなものが好きなんです。

 

その時期に合わせてきた(というか偶然も重なったのが大きいんだけど)

 

運良くホーリー祭の時期とかぶることができてラッキー♪

 

ホーリー参加できるやーん♪とルンルン気分♪

 

 

 

本当はバラナシで迎えるつもりだったんだけど

 

前のブログでのりも書いたように、ある失敗をおかしてしまい撃沈‥

 

旅中に事前に調べたりとか計画を立てたりとかが苦手な私たち。

 

その町に行ってみてその町が気に入れば延泊するし

 

気に入らなければ移動するし。

 

その町に着いてから次に行きたい場所や移動する日を決める“縛られてない”感

 

二人だからできる圧倒的な自由感が好きで計画とかをあまり立てられないタイプなのです。

 

 

 

でも今回ばかりはそれが大失敗でした。

 

バラナシには行けないし、アグラ近辺のホーリー情報をゲットすることもできませんでした。

 

あ、でもね。

 

ホーリー祭って世界一危険?とか言われてるみたいでね

 

その理由が、色粉とか投げ合った後に「ハッピーホーリー」って言ってハグし合うみたいなんだけど

 

その時に“ここぞとばかりに”悪い輩が外国人旅行者の女の子を標的にしておさわりしまくるらしい‥

 

うーわ!

 

こーわ!

 

前にバラナシのホーリーに参加した日本人の女の子が

 

もうもみくちゃにされて(それこそ本当にもみくちゃにされてw)

 

おっぱいとか揉まれすぎてもー超痛かった!!

 

って言ってた、っていう話を人伝いに聞いてたんです。

 

 

どさくさに紛れてタッチされようもんなら私絶対にぶん殴ってしまいます(・ω・` )

 

カップルで参加して、女の子が触られて彼氏が激昂してるシーンなんかもよくあるんだって。

 

行ったことないから知らんけど。

 

 

 

 

なのでもしバラナシに行けたとしても、街中で現地の人に交えて参戦するつもりはなかったんです。

 

宿の屋上から街の様子を眺めたり、屋上vs屋上の平和な戦いに参加してみたいなぁって思ってたんです。

 

 

 

まぁ、結局バラナシに行けることもなくなったんですけどね。

 

 

どうやらホーリーはアグラで過ごすことになりそうです。

 

移動してきた綺麗なホテルにホーリーのことを聞くと

 

「ホーリーは危ないから外に出ない方がいいよ。」

 

って言われました。

 

その代わり

 

「ホテルの屋上でちょっとしたパーティーをするからそれに参加するといいよ」

 

とのお誘いが(o・ω・o)ノ

 

え、そんなのあるんだ?!

 

やったー!!

 

宿の屋上でホーリーだなんて、私がやりたかったやつやん\(°Д° )/ヤッタ

 

うわー楽しみになってきたなぁー!!

 

 

そしてやってきたホーリー当日


 

寝坊ε=(ノ_ _)ノ

 

だってベッドの寝心地が良すぎるんですう〜。

 

 

 

念のため汚れてもいい格好になって早速朝ご飯を食べにお隣のレストランへGO!

 

わードキドキ。

 

ホテルのスタッフさんが外出を控えるようにっていうくらいだから

 

どんなカオスなことになってるんだろう。

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

人、どこいった?笑

 

 

 

 

 

 

たまぁーに顔に色粉をいっぱいつけた人がバイクで通り過ぎて行くくらい。

 

世界一危険?

 

もう平和そのものなんですけど。笑

 

 

観光客も全然いなく、たまに真っ白な洋服を身にまとった欧米人のおばあちゃん組が写真を撮りながら歩いてるくらい。

 

なんか拍子抜け。

 

そのレストランの真向かいには、あのネズミが出た、昨日まで私たちが泊まっていた宿があります。

 

レストランで頼んだトマトオムレツ(もちろんカレー味)を待ちながら外の様子を眺めていると

 

前のホテルに日本人の男女が4人お話していました。

 

道を挟んですぐにホテルはあるので会話も筒抜け。

 

 

「いやー今日は本当楽しかったです!!」

 

「一緒にホーリーできてめっちゃ最高でした!!」

 

「またどこかで会いましょうね!!」

 

 

って!現地で知り合って一緒に祭参加しちゃったパターンですかーーー!!

 

まじか、あのホテルでそんな日本人同士の出会いがあったの?笑

 

ていうかホーリー楽しかった!ってどこで楽しんできたんですか?

 

ていうかそのホテルねずみ出ますけど大丈夫ですか?(´;ω;`)

 

 

 

 

レストランの人にホーリーを体験出来る場所を聞いてみると

 

「もうホーリーは終わりの時間だよ。お昼すぎになると酔っ払いとか危険が増えるから外にはいない方がいいよ。」

 

と注意されてしまいました。

 

朝方からが勝負だったのね。

 

つくづく調べ不足や〜( ˙꒳​˙)

 

 

 

今ならまだ大丈夫!と二人で判断して少しだけ街を歩いてみることにしました。

 

 

家族で盛り上がってる( ˙꒳​˙)

 

 

 

もはやゾンビみたい( ˙꒳​˙)

 

 

赤ちゃんは無事そう( ˙꒳​˙)(抱っこさせてもらいました♡)

 

 

 

こんな感じでいたって平和そのもの!

 

なに!危ないから外出控えて〜ってホテルの人の嘘つき!(´;ω;`)

 

もうすっかりやる気を失ってしまい 笑

 

たまに色粉を私たちの顔につけてやろ〜っていう若者が近づいてくるけど

 

汚れるなら徹底的に汚れたかった!!

 

ここまで来たら1ミリも汚れずに帰ってやるぞ!!

 

と、ホーリーな若者たちと握手だけしてうまく交わしながら見事に私ものりも無事でした(´▽`)

 

若者たちも、色粉や水風船を手当たり次第投げるんじゃなくて

 

恐る恐る「顔につけていい?」って良心的に近づいてくるし

 

もうなにー!!平和ーーー!!!(´;ω;`)

 

 

 

韓国人の3人組、同じアグラなのにあなたたちは一体どこでそんなにホーリーしてきたんですか?\(°Д° )/

 

女の子、いい感じに色粉まみれです♪

 

 

 

宿から2〜300メートルくらいだけを歩いて宿に帰還。

 

誘われてた宿の屋上に行ってみるとガチャガチャ音楽がなってました。

 

おっ♪と思い上がってみると

 

 

 

生演奏の音楽に合わせて、宿のスタッフやそのお友達?が踊って騒いで身内同士で盛り上がってました。

 

 

あらまぁ。笑

 

 

 

 

 

 

慣れてないような踊りだけど、とっても楽しそう。

 

ビールももう何本も空いていて、千鳥足になりながらも全身を使ってダンス

 

本当に今日は無礼講なんだなぁ。

 

 

 

ホーリー祭終了


 

 

こんな感じで私たちのホーリーは終了しました(・ω・` )

 

不発でした。

 

とてつもなく不発でした。

 

こんなにホーリー祭に参加しようとして不完全燃焼に終わった日本人なんて私たちだけでしょう。笑

 

ホーリー祭なんてもう一生来ることないだろうけど、

 

何か参加したい祭があったら次回からはきちんと下調べしようと心に決めたユキとのりなのでした(・ω・` )

 

 

デリーへ移動


 

タージマハルも見たし、ホーリーも終わったし次の町に移動しよう。

 

と言っても次の町もまだ決まってません。

 

候補はヨガの聖地の“リシケシュ”

 

ヨガしたことないけど( ˙꒳​˙)

 

電車のチケットをオンライン予約はインドのクレジットカードと電話番号を持ってないとできないので

 

とりあえず経由地であるデリーまで行って、デリーで次の町のチケットを買ってしまおう作戦です!

 

 

 

宿からオートリクシャーに乗ってアグラの駅へ。

 

なぜか駅といったのに「ここからバスに乗れるぜ♪」

 

とバス会社の前に連れて行かれ。

 

はい、バス乗りません、駅行ってくださーい。

 

 

 

 

そして駅について、デリー行きのチケットを購入。

 

80ルピー。

 

激安なんだけど、いまいちまだインドの列車チケットシステムがわからなくて

 

どうやらこれはジェネラルっていう一番下のクラスの列車チケットだったみたい!

 

うわー!!

 

ついにジェネラルに乗る日が来たかぁー!!!

 

噂に聞くジェネラル車両はものすごいらしい‥

 

乗車率200%超えてるんじゃないかってくらいに人で溢れかえるらしいけど・・・

 

いざ到着したジェネラル車両に現地の人に負けじとグイグイ食い気味に入っていくと

 

運良く一人分くらいの空席を発見!!\(°Д° )/

 

マジで?!あっさり簡単すぎん?!

 

ちゃっかりそこは確保して、ニコッと会釈しながら図々しいおばちゃんみたいにお尻をグイグイ〜ってして隣のおじさんたちに席を詰めてもらって(笑)

 

のりと二人で座ることに成功!!!\(°Д° )/

 

いやっほーい!!!

 

こういう時は図々しさが勝つね!♡

 

3人がけくらいの席に6〜7人は座るので体の密着具合がハンパないけど。

 

 

 

 

やっぱり空席が全然なくなっちゃってキョロキョロ席を探し回るインド人たち。

 

「おっラッキー、席空いてるじゃん♪よっこいしょ」

 

って!!!

 

あなたどこに乗っちゃってるの〜〜〜!!!

 

 

 

 

 

 

そこ、人間じゃなくて荷物を乗せるところですからーーー!!!

 

 

インド人、上の上を行きます。

 

 

この人たちが強者ってわけじゃなく、これがインドの日常なんだそうですヽ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

インド好きすぎる。

 

 

 

 

目の前の学生が食べてたみかんを食べる?って分けてくれました。

 

座れない人がいたら、座ってる人が「ここの網棚、まだ座れるぞ」って教えてあげてたり

 

愉快なことがたくさん起こります。

 

私たちの目の前の男性が隣の人の肩を肘置きにして眠り始めたので

 

(お友達なのかな、仲良しだなー)

 

と思ってたら、寝てた人が肩を肘置きにしてた人に何も言わずに電車から降りて行かれました。

 

ええええええええええええ、知らない人同士だったんですかーーーー!!!!

 

今日電車で会ったばっかりの人の肩を肘置き代わりにしてたんですかーーー!!!

 

何も文句も言わずに黙って知らない人の肘置きになってあげるあなたもどんんだけですかーーー!!!

 

って、網棚に人が座りだした以上にびっくりな出来事でした。笑

 

 

はぁ、インドが好きすぎる。

 

 

 

そんなこんなで5時間ほどびっくりさせられながらもデリーに到着。

 

初めてのデリー。

 

騙してくる人が多いと聞くので、いつもよりもドキドキ。

 

早速チケットオフィスに行くと、外国人専用のカウンターがありました。

 

整理券を発券して、自分の番が来るのを待つわけなんだけど

 

これが長い!!!

 

 

さすが首都のデリー。

 

一時間くらいは余裕で待って、次の町の候補地“リシケシュ”行きの電車チケットがあるか聞くと明日の夜にしかないと言います。

 

まじか‥

 

チケット系、最近つくづくうまくいかない。

 

ネットで事前に見て満席だった“アムリトサル”という町行きの電車も諦め半分で聞いてみると

 

「今夜寝台の空きがあるぞ。」

 

と。

 

キターーーーーーーーーーー!!!!!ヽ( ´ ▽ ` )ノ!!!!!

 

次の目的地、急遽アムリトサルに決定です♪

 

ごみごみ首都デリー。

 

 

 

明日はシーク教の聖地、アムリトサルへ♪

 

 

 

\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の写真をクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

 

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です