聖なるモスクでウェディングフォト?

 

スポンサードリンク

 

こんにちは、ユキです!

17160960_10154163297076949_462532359_n

 

リアルタイムのトルコが好きすぎて一日また一日と出国予定日が過ぎていってます。

 

ご飯も美味しい。物価も安い。何よりトルコ人が最高に優しい!

 

こんなにも自分たちの肌に合う国は久しぶりな感覚です。

 

 

\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

 

スポンサードリンク

 

 

2017.1.12 – 1.14

マレーシア / クアラルンプール(通称“KL”)

********

 

 

二度目のクアラルンプール


 

海外なことに変わりはないのに、前に一度訪れたことのある町に再び訪れると

 

「ただいまぁ。」

 

そんな気分になります。

 

 

ただいま、マレーシア!!

 

 

 

一時帰国はすべてLCC(格安航空会社)を使っていたので荷物代を浮かせるためにも

 

二人のバックパックは前に泊まっていた宿に預かってもらっていました。

 

自由に置いといていいよ〜

 

っていうラフスタイルで、もし盗まれていたり‥長期間すぎて捨てられたりしてたらどうしよ‥

 

と、宿に着くまではドキドキ。

 

でも宿に着いたら変わらないスタッフさんが笑顔でお出迎え(^^)

 

「ヘイ!ウェルカムバック!」

 

「ハーイ!荷物取りに来たんだぁ」

 

「OK!OK!」

 

3週間近く預けてたのに何も言われずすんなり荷物ゲット!

 

これ、空港とかで荷物預かりお願いしてたら数万円はかかってたよなぁ・・・

 

感謝の気持ちを込めて、日本の梅味の飴ちゃんを一袋プレゼントしたらすごい喜んでくれた

 

いいスタッフやなぁ。。。

 

感謝の気持ちも込めて、そんな親切宿をもう一度宣伝しといてあげよう。笑

 

スクリーンショット 2017-04-08 午後9.00.19

 

【TRAVEL HUB GUEST HOUSE】

◊エアコン付ダブルルーム1,800円(ドミもシングルルームもあるよ)
◊バストイレ共同
◊朝食付き
◊ウォーターサーバーあり
◊ティーコーヒーいつでも飲み放題(しかもコンデンスミルクもあったのが嬉しかった!)
◊wi-fiたまに切れるけど繋がるとyoutube見れるくらい速い
◊荷物預かり長期可能
土曜日の夜、屋上で無料BBQ開催(本当に無料だった‥!!)

 

 

 

ヒジャブ初体験


 

ヒジャブとはなんぞや!

 

ウィキペディア先生によると、アラビア語で「覆うもの(名詞)」を意味する言葉 とのこと。

 

そう、あのムスリムの女性たちがかぶっているあの布のことですー!!

 

スクリーンショット 2017-04-16 午前9.31.54この女性めちゃくちゃ綺麗‥!!

 

 

宿から歩いていける距離にもモスクがたくさんあったので

 

名前的に気になった“ナショナルモスク”(正式名称:マスジット・ネガラ)に行ってみることにしました。

 

場所はこちら↓

スクリーンショット 2017-04-16 午前9.37.30安宿街のパサールセニ駅すぐ近く

 

 

IMG_7487

 

前回のピンクモスク同様、やっぱり入場するには洋服規定があり肌の露出は禁止

 

男性はハーフパンツもダメだし

 

女性はたとえ肌が出ていなくても、体のラインがわかるスキニーパンツもダメな様子。

 

IMG_7531厳しい〜!

 

 

紫色のマントを支給されます

IMG_7533

 

ここでびっくりなことが!!

 

なんとマントだけではなく

 

女性には頭にかぶるヒジャブも貸し出ししてくれたのです!!

 

IMG_7534ボランティアの方に着付けをしてもらう

 

そして出来上がり!

 

IMG_7541ユキ ムスリムバージョン

 

 

すごい、これは嬉しい!!

 

マントについてるフードをかぶって髪の毛を隠す〜でもなく

 

スカーフを貸し出しして髪の毛を隠す〜とかでもなく、なんと本物のヒジャブ!!

 

ムスリムの方がどう思うか、もしかしたら失礼になるのかもわからないけど

 

でもヒジャブ一度でいいからかぶってみたかったんだよね!

 

 

さて、モスク散策してきますか!

IMG_7538

 

モスクにまさかのフリーWi-Fi。笑

IMG_7539繋がらんかったけどね

 

 

礼拝堂の部分

IMG_7542おぉぉぉ〜ゴージャス〜

 

シャンデリアが立派〜

IMG_7544

 

 

白の無数の柱もとっても綺麗

IMG_7545

 

 

 

 

 

 

 

ギブアップε=(ノ_ _)ノ

 

 

暑い!!

 

なにこのマントにヒジャブ、暑すぎる!!!

 

 

モスク散策、10分くらいが限界でした(´;ω;`)

 

ただでさえ体感温度40℃近い灼熱のクアラルンプール。

 

湿度が高いからショートパンツにノースリーブで歩いてても汗ダラダラなのに‥

 

ムスリムの方たちは肌を隠さなきゃいけない。

 

もっと通気性のいい服は着てるのかもしれないけど

 

でもこんな蒸し暑い中でも頭の布をはずすことすら許されないなんて‥

 

ムスリムの女性は大変だなぁ。。

 

そんなことを考えながらナショナルモスクを後にしたのでした。

 

 

 

ブルーモスク再び


 

前回、小学校の同級生のんちゃんとも一緒に来ていたブルーモスク

その時の記事→ピンクモスクにブルーモスク|イスラム建築はこんなにも美しい

 

訳あって二度目の訪問です。

 

IMG_7575

 

今日も美しくそびえ立つ4本のミナレット。

 

IMG_7579

 

世界一大きなモスクのドーム。

 

IMG_0109

 

17161149_10154171227211949_428968726_n

 

「ハァ〜‥何回見ても美しいなぁブルーモスク。」

 

 

 

今日またブルーモスクに来た目的。

 

それはウェディングフォトを撮ること。

 

実は世界中各国で撮っているウェディングフォト、マレーシアではまだ撮れていません。(実を言うと一ヶ月も滞在したタイでも撮り損ねましたw)

 

今日こそは!と意気込んでやってきたものの

 

モスクで西洋の格好してウェディングフォト撮ってもいいもんなのかな?

 

まぁ中に入るわけではないし、遠目からだったらいいよね?

 

と、若干不安。

 

とりあえずどのアングルがいいか見てみよ!とモスクに行こうとしたら‥

 

 

 

ぞろぞろぞろぞろぞろぞろ

IMG_7573

 

モスクから出てくる大量の人たち。

 

ええええええええええええ!!!

 

こんなにたくさんの人たちがモスクに入ってたんですかぁぁぁ・・・

 

ってくらい、人の波が途切れない。

 

今日はお祈りの日(金曜日)でもないのに、なんで?

 

 

頭の中にはハテナがいっぱい。すると

 

 

「アーユーツーリスト?」

 

 

ムスリムのおじさんが声をかけてきました。

 

 

「今の時間はブルーモスク入れないよ。私はそこのミュージアムでボランティアガイドしてる、モスクに入れる時間までイスラム教について教えてあげるから、おいで。」

 

 

と勧誘を受けました。

 

 

外は暑いしついて行ってみることに。

 

モスクの真向かいにある小さな建物に入ると、中は冷房でキンキンに冷えてました。

 

い、生き返る〜・・・

 

 

そして始まりました、ムスリムおじさんによるイスラム教説明会。

 

IMG_7587

 

(本当にごめんなさいだけど)きっと退屈だろうなぁーと始まる前は思っていたこの説明会が

 

ものすっごく良かった。

 

わかりやすい英語でいろんなことを教えてくれたけど、一番印象深かったのが

 

イスラム教の教えでは人生は二度あるということ。

 

今現在人が生きている人生が、いつかは死ぬ=終わりのある人生

 

そして死んだあとに、一度目の人生の振る舞いを見てジャッジする役割の人がいて

 

良いことをたくさんした人は天国へ

 

悪いことをした人は地獄へ

 

そしてその二度目の人生は終わりがなく、永遠に続くものなのだそうです。

 

だから一回目の今生きている人生では良いことをたくさんしたいんだ、とおじさんは言っていました。

 

そして二回目の人生はずっと永遠に続くものだから、今現に生きてる人生よりも後世の方が大切なんだそう。

 

「人生一度っきり」

 

っていう言葉が好きな私たちとは根本的に違うムスリムの考え。

 

ものすっごく興味深かったです。

 

ムスリムの方に親切にしてもらうことが多いのも

 

こういう考えが染み付いてるからなのかなぁと妙に納得したりもしました。

 

日本にいると宗教=怖いみたいなマイナスのイメージを与えやすいけど

 

こうやって一歩踏み込んで知ろうとすることでグッと印象が変わったりすることがある。

 

“知らない”って幸せなこともあるけど、罪なこともあるんだなぁ。

 

 

 

イスラムの教本も断るに断れず三冊ほどもらい

 

おじさんに深々と礼をしていざモスクウェディングへ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

って、えぇぇぇ・・・

 

IMG_7589

 

 

 

めっちゃ曇っとるー・・・

 

 

えぇぇぇ。。。

 

 

 

 

私たちが熱心にイスラム教について勉強してる間に太陽はどこかに隠れていった模様。

 

意気消沈とはこのこと。

 

 

 

 

はい、今日のウェディングフォトなーーーし!!!

 

 

 

なんとも冷めやすい我々なのでした(・ω・` )

 

 

 

ブルーモスク内部見学


 

ノリはもう帰る気満々になってたけど

 

イスラム建築に魅了されてしまっている私。

 

せっかくなので、モスクの中に入ってみることにしました。

 

 

受付に名前を書くと、ここでもマントを貸し出してくれて

 

さらにはヒジャブまで!

 

IMG_7594わーい、二回目!

 

 

この日運良く日本語を話すボランティアの方がいらっしゃって、無料でガイドをしてくださることに。

 

IMG_7597日本語が達者なとても陽気なおじさん♡

 

 

まずはここで手足を洗って身を清めるのだそうです。

IMG_7604

 

 

ここを出たところにものすっごい綺麗なタイル貼りの壁があったのでおじさんとスリーショット。

IMG_7607

 

 

イスラム建築は本当に美しい。

IMG_7611

 

 

IMG_7618

 

 

礼拝堂。青のカーペットがすごく綺麗。

IMG_7619

 

 

上を見上げると世界で一番大きなモスクのドーム。

IMG_7620

 

 

礼拝堂を管理しているおじさんが小さくてめっちゃ可愛かった!笑

IMG_7634偶然一緒になった日本人の方も一緒に

 

 

このモスク世界で4番目に大きいらしく、24,000人も収容できるのだそうです。

 

この礼拝堂に人が入りきらない場合は、礼拝堂の外にまで人がぎっしり、ということになる時もあるのだそう。
IMG_7636

 

 

モスク内にはお祈りを捧げる礼拝堂があるだけではなく、いろんな〇〇ルームがありました。

 

最後に連れて行ってくれたのがマリッジルーム。

 

IMG_7638

そう、文字通り婚礼のお部屋!!

 

 

中はこんな感じ。

スクリーンショット 2017-04-15 午後7.56.25

きれいー!!

 

 

そしてボランティアのおじさんが

 

「どうぞどうぞお二人こちらに座ってください」

 

と促してくれてムスリムの結婚式を擬似体験させてくれることに(`・∀・´)

 

 

 

ノリとユキ考えることは一緒なようで、顔を見合わせます。

 

私ちょうど頭にヒジャブかぶってる!

ここ結婚式する本物の場所!

もうこれ、ウェディングフォトじゃない?

 

 

 

 

「私がお父さん役でね、こうやって新郎さんと握手してね」

IMG_7639

「娘のことはよろしく頼んだよ、とか言ってね。」

 

 

IMG_7641

「家族のみんなの前で二人が結婚しますよーってお披露目するわけですよ。」

 

 

IMG_7646

「まぁ、こんなかんじですかね?」

 

 

 

ということで

 

旅するにこいち

 

世界中でウェディングフォトマレーシア編

 

これに決定です。

 

 

 

IMG_7646

 

 

 

ダメですか?笑

 

 

 

 

 

印象的だったお別れの言葉


 

マリッジルームを最後にモスク内部見学は終わり。

 

無料ボランティアで時間をかけて説明してくれるブルーモスクは太っ腹!

 

本当にありがとうございました!!

 

おじさんはすごく熱心なムスリムらしくお別れの時にこんな言葉をかけてくださいました。

 

 

「みなさん、みんなで一緒に天国に行きましょう!!」

 

 

握手をしながら、満面の笑みで今日初めて会った私たちにその言葉をかけてくれるおじさん。

 

 

信仰の心ってすごいなぁと思わされた一言でした。

 

 

みなさんからの応援クリックが励みになります!
今日もありがとうございます(;;)
\\\\ポチッ////

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の写真をクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です