手招かれるままに進んだ先は超絶ローカルな・・・

 

はいさい〜♪

 

アテネ空港で空港泊をしてると

 

朝5時頃に

 

スタッフさんが起こしてくれます

 

「は〜い♪起きてくださ〜い♪」

 

とても優しく、そして丁寧に

 

まさに激早なモーニングコールだけど

 

朝からすごくいい気分で起床でき朝なのでした〜♪

 

 

\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

 

 

世界を周り始めてもうそろそろで一年が経つ頃

 

僕らはやっと18カ国目にたどり着きました〜♪

 

記念すべき18カ国目は、

 

【ベトナム】です!!

 

 

ベトナム入国


 

ユキはブラジル人でブラジルパスポートなので

 

日本人とは違って入国に一手間かけました

 

前回の記事でユキのあたふた劇が書かれてますがw

 

もしよかったらそちらの方も読んでみてください

 

私たちが落ちた、プノンペンでベトナムビザ申請する際の落とし穴

 

旧正月でベトナム大使館が開くのを待っていたまではよかったんだけど

 

自らベトナム行きを遠のかす記入をしたあたりが

 

ユキらしいと思うのです

 

が。。。漸く出国です

 

カンボジアではすごくお世話になった

 

キャピタルバスでプノンペンからベトナム・ホーチミンまで10ドル

 

乗り慣れたバスに揺られベトナムへ

 

国境まで4時間

 

国境からホーチミンまで4時間ぐらいのバス

 

ゆる〜り到着しました〜♪

 

到着場所はここ

 

全然分かりにくいと思いますが

 

ご愛嬌でお願いします!

 

 

 

ベトナムは都会だら


 

 

バスターミナルから少し歩いたところには

 

バックパッカーストリートという賑わっている通りがあって

 

僕らも宿を探すために重いバックパックを背負いながら向かったら・・・

 

「な、な、なんじゃ〜!!」

 

「ユキ。、ユキ、見てみ!見てみ!」
 

 

 

 

「ファミマヤーーーーーーー!w」

 

 

 

カンボジアに監禁状態だった僕らの目には

 

輝きすぎて目が開けれないほど

 

今日のファミマは輝いて見えた


だって。だって。。。

 

カンボジアには醤油みたいな色の油で

 

あげてる揚げ物とか・・・

 

心配そうな食材しか見当たらなかったし

 

ユキなんて強靭なストマックを持ってるはずなのに

 

旅始まって初めて腹壊すし(便秘は解消したけどねw)

 

そんな僕らには

 

今日のファミマは輝いて見えた(二回言うw?)

 

 

「ベトナムは都会や!!」

 

「なぁっ!ユキ」

 

 

 

 

 

「うんうん」

 

「ベトナムは都会やなぁ〜♡」

 

 

と、テンション上がりながら

 

 

バックパッカーストリートへ




飲み屋が連ねて並んでいるここバックパッカーストリート

 

欧米人の方がた〜くさん

 

カンボジアから都会に来た感が半端なくて

ドキドキ・ソワソワ

 

 

とりあえず宿を探さなきゃ

 

バックパッカーストリートというだけあって

 

安宿は沢山ある

 

値段を選ばなければ

 

1分もしないで宿なんか見つかる
・・・けど・・・・・

 

 

値段を選ぶよねw

 

お互いのバックパックの重さは14キロ以上

 

宿から宿を転々としていく度に

 

どんどん肩にバックパックが食い込んでいくのがわかる・・・

 

でも休憩したら最後

 

もう・・・持ちあげれない

 

歩くのだ。歩くのだ、歩くのだ

 

バックパックストリートの端から端まで

 

歩き回ったけど結局、ドミトリーで一人5ドル

 

個室だと14〜16ドルが相場だとわかった

 

わかった時にはもちろん疲労困憊

 

 

 

疲労困憊のユキがふっと言う

 

 

「この小道はいってみない?」

「小道って、どの小道??」

「ここぉぉ(疲労困憊)」

 

 

 

 

 

 

「おオォォォ〜ぃぃょ♪」

 

 

どんどん細くなる道・・・

 

いや〜裏路地すぎるぅぅ

 

 

疲労困憊のユキがそこらへんにいた

 

おねぇ系の男性に声を掛ける

 

 

 

「宿ありますか?」

 

 

おねぇ系男子「いくらがいいの?」

 

 

 

「二人で10ドルぐらいが・・(試しに聞く)」

 

 

おねぇ系男子「えっ(目を見開くおねぇ様)」

 

おねぇ系男子「ついといで(キリッとした顔で)」手招きしながら

 

さらに裏路地へ案内された・・・ら

 

どう見ても地元民の家を指差して

 

おねぇ系男子「ここなら10ドルで泊めてくれるわよ♡」

 

 

 

「オオオオぉォォォォオオーーー」

 

「なんか怖ぇぇエーー」

 

 

 

裏路地すぎるw

 

疲労困憊のユキは物怖じせず中へ入る

 

バックパックがギリギリ通る幅の階段を上がり

 

お部屋へ案内されたのがここ!!

 



 

「すげぇ〜♪」

 

「きれぇ〜♪」

 

 

トイレ・シャワー付き・Wi-Fi完備

 

で、二人で10ドル

 

これは破格の値段

 

「ありがとうございました♪」

 

気前のいい家の方がジュースまでくれました


これがさっき言った

 

バックパックがギリギリ通る階段

 

まさか、

 

この小道から

 

 

この路地裏にはいって


ホームスティ的な家に泊まれるとはw


ということで、

 

ベトナム初宿は

 

ちょーーーローカルな地元民の家の二階にお世話になることになりましたw

 

まさかのホームスティな感じw

 

 

これからのベトナム旅が楽しみです♪

 

 

明日からベトナム編です♪

 

お楽しみに♪

 

 

 

 

みなさんの協力のおかげで初めて10位以内に入ることができました!!
本当にありがとうございます!!
引き続き応援よろしくお願いします(*^^*)
\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の写真をクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です