のりが生まれた年に起きた、あの歴史的な崩壊

 

 

 

ボン・ヂ〜ア〜♪(ポルトガル語のおはよう)

ユキです!

ポルトガル

すっっっっっごくいいです♪

人は優しく、ヨーロッパなのに気候も温かい!

ローカルカフェもおしゃれカフェもそこらじゅうに溢れてて

コーヒー一杯がとてつもなく安い!

ついでにビールも安いしワインも超絶安〜い♪

有難いことこの上ありません♪

しっかも街もオシャレなんです♪

 

 

\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)
※1日1クリックのみです♪

 

 

スポンサードリンク

 

2017.10.8〜10.9

【ドイツ】ベルリン

********

 

ドイツの首都へ

 

初めての雨の中のバスキングから一夜明け

きのうはあんなにザーザー雨が降ってたのに

朝起きたら結構晴れてる

 

 

 

今日は走るぞ〜♪

 

 

今まです〜っと南ドイツをぐるぐる観光してたから

今日こそは北を目指す!!!

ルイさんのお家にジーナとり〜せに会いに行くか

ベルリンに行くか本当に最後まで迷ったけど‥!!

うちらは曲がりなりにも旅人なんだ!

と心を奮い立たせて泣く泣くルイさんちへの道をあきらめました

 

「りぃせ〜、ジィナ〜‥‥‥」

 

 

ということで、やってまいりました

ベルリン♪

 

 

 

 

そうそう

ベルリンに行く直前、タイムリーにこんなニュースを目にしました。

 

【悲報】日本人の60%はドイツの首都を言えないらしいwwwwwwwwww

 

これめっちゃわかる!!

私もドイツに来るまで知らなかった!!(ムダにあほアピール笑)

ドイツの首都?

えっと〜‥ミュンヘン?

そんな感じでした。

 

ドイツの首都はベルリンでした。笑

 

首都ともなると、大きな町なので自然とプレッシャーがかかってきます。

のりは大都会を運転するプレッシャー。

私はうまくナビができるかのプレッシャー。

嘘です、最近になって私はナビ役をクビになりました。笑

 

あまりに上達しないので、輪ゴムを使ってエアコンの風が出てくるところにiPhoneをくくりつけてのりが自分でナビをするようになりました。笑

 

私、お役御免(´;∀;`)

 

お陰さまでケンカも減ったよ。笑

 

 

最近は二人とも勘が良くなったのか

新しい土地でも無料駐車場をすぐにみつけれるようになってきました!

どう見ても普通にこの辺のマンションに住む住人が停める用の場所だけど

どこを探しても「住民専用」なんて看板もないし

コイン支払機なんかもない

よし、ここに停めよう。

車旅を始めた頃はこれができなくて苦労したなぁ。

度胸がついたのかな?笑

 

 

ここからベルリンといえばのあの有名な壁を見にいきます。

この駐車場からは歩いて15分くらい?

 

 

紅葉真っ只中のドイツ。

晴れてたらもっときれいなんだろうなぁ。

ベルリンは雨が多いイメージ。

 

 

 

川の向こう側にあるのがあの有名な壁。

ベルリンの壁

 

 

昔ドイツが東西に分かれていた頃

人々はこのベンチに座ってどんな思いで向こう岸を眺めていたんだろう

 

 

あの趣のある橋を渡ると、当時の東ベルリンエリア側です。

 

 

ベルリンの壁と聞いて真っ先に思い浮かぶのが

きっとおじさんとおじさんがチューをしている絵だと思います

その絵が描かれている壁を見れるのが

“イーストサイドギャラリー”

 

 

 

ご存知の通り

昔のベルリンは西と東に分かれていました。

西側をフランス・イギリス・アメリカが、

東側をソ連が統治していた。

 

西側は割と安定した生活が送られたが

東側は貧しく、西側に逃げる人が後を絶たなかったようです。

 

 

そもそもベルリンの壁とは

 

ここに来る前に勉強しました。

歴史の授業でも習うと思うしみんな知ってるかもしれないけど

私みたいに細かい背景とか知らない方のために

少し説明させてください。

 

*********

 

世界第二次大戦で敗れたナチスドイツは

勝利国であるアメリカ・イギリス・フランス・ソ連の統治下におかれます。

 

それぞれ領土を分割され

アメリカ・イギリス・フランスが統治する西ドイツ

ソ連が統治する東ドイツとして

分裂させられてしまいました。

 

 

中でも首都のベルリンがとっても複雑。

場所的にはソ連が統治する東ドイツに位置していたベルリン。

でもそのベルリンさえも半分にして

西側をアメリカ・イギリス・フランスが統治していたので。

いわゆる飛び地ってやつです。

 

 

一つの都市なのに

西ドイツと東ドイツで分かれてしまいました。

 

 

最初の頃はベルリンの境界線から

自由に東西へ行き来ができたそうです。

 

 

ざっくりと言えば

西洋が統治する西ドイツは裕福で

ソ連が統治する東ドイツでの暮らしは苦しいものだったみたい。

 

 

なので、東ベルリンから西ベルリンに

東ドイツの人口の20%もの人が逃げ込んだと言います。

 

 

中には有望な専門家も多かったそうです。

これを良く思わなかった東ドイツ側が

これ以上国民が西ドイツに流れ込まないように

あのベルリンの壁をつくったというわけなのです。

 

 

ベルリンの壁から100メートル以内にあった家や建物は全て取り壊され

「デスストリップ」という名の更地になりました。

西側に亡命する者がいないか監視する視界を広げるために作られたそうです。

 

亡命する者は殺せ。

 

監視を強化しても5000人もの人が亡命に成功し

138人の方たちが見つかり殺されたそうです。

 

 

家族や親戚、隣人と引き裂かれ

会うことも許されなかった人も大勢いました。

どんなに悲しい思いをしたのだろうと想像すると胸が締め付けられる。

 

 

1961年〜1989年の間の28年間

歴史上での28年はとても短く感じるけど

家族と引き裂かれた人の数年はどんなに長い事だろう。

 

 

東ドイツを出る事を禁ずる!!と頑なだったソ連も

莫大な手続きと高い手数料を払えば、

西ドイツへ旅行することを少しずつ認めていきます。

 

80年代の終わり頃、東ヨーロッパで民主化の動きが加速していき

1989年11月9日、東ドイツは「旅行許可に関する出国規制緩和」を発表。

 

 

これは本当はすぐに実行!というわけではなかったのに

発表するお偉いさんが「すぐに」と勘違いして

間違えて発表しちゃったんだって。

 

結果、何千人もの人たちが一夜でベルリンの壁に押し寄せて

どうしようもできなくなっちゃった警備隊が国境のゲートをオープンしました。

 

そして長い長い分断からの解放を

両国の人々がベルリンの壁の上で喜びを分かち合い

あの十数年前のカップヌードルのCMでもおなじみの

ベルリンの壁崩壊の瞬間につながったのです。

 

 

その約一年後の1990年の10月、ドイツは再統一されます。

これがほんの28年前のお話。

ちょうどのりが生まれた年に起こった出来事です。

 

 

今まで世界を旅してきて

一番多く見かけた旅人はドイツ人じゃないかなと思います。

ドイツの若者の多くが、若いうちから世界に旅に出るのは

こういった歴史的背景も関係してるのかな、と思います。

 

 

勤勉で穏やかでにこやかなドイツ人の方々が

今は平和に暮らすことができていてよかった。

 

 

 

私とのりがこのベルリンの壁について勉強した動画があります。

すごくわかりやすくなってるので、興味のある方は観てみてください!

(英語なので、字幕をONにして観てくださいね♪)


旅をしていてよかったなって思うのは

こういった歴史について勉強する機会がたくさんあること。

学校の授業でも同じ内容を聞いていたはずなのに

机の上で教科書を見てるだけじゃ全く興味の湧かなかったことでも

実際にその地に行って自分の目で見るってなると話は違ってくる。

ある程度の知識を入れておくのが礼儀だと思うし

礼儀云々よりも、純粋に興味が増す。

 

この日はベルリンの壁を見て少ない知識で歴史について語ったり

街歩きをしようと思ったけどパーキングは高いし

雨も降ってきたのでIKEAに逃げ込んでパソコン作業に明け暮れました。

 

 

ベルリン観光?バスキング?

 

ベルリン市内の大きな団地の駐車場で目を覚まし

今日もまた車に乗って市内にやってきました。

今日は、昨日よりも中心部に近いところに無料終車スペースを発見!

中心まで歩いて10分くらい。

 

 

駐車料金を払う覚悟でいたのに

まさか首都でこんな抜け道があったなんて!

ラッキー♪

 

 

紅葉がとっても綺麗!!

今日はお天気もいい方!

街歩きをするか?!

それともバスキングするか?!

 

 

うーん、どうしよう。

普通に観光して遊びたい‥

でもお金がない‥

でもせっかくのベルリン‥

でもお金がない‥

そんな葛藤をしつつも一応習字セットを持って街に出ることに。

 

 

重いんだ、これが(´д`)

のりは習字セットにルイさんからもらった本物の習字セット

(ぶんちんやスズリ込)が加わり

私のリュックにはいつも通り石が何個も入ってる。笑

 

二人とも街に着くまでも体力の消耗が激しく

「ねぇ、本当に習字やるの‥?」

「え、、、駐車場戻る‥?」

「いや、ダメだよ、頑張んないと」

「そだね‥‥‥‥‥重いね。」

「ね。‥‥‥駐車場戻る?」

「いや、やるよ!笑」

こんなんの繰り返し。笑

 

あー天気がいいなぁ。

 

とりあえず街の中心部に来てみました。

ホットドックマン。斬新!!

 

ベルリン中心部は綺麗に整備されていて

近代的な?トラムが走っていました。

 

可愛い。

 

マップスミーで「トランポリン」っていうところがあったので

気になってきてみると、本当にトランポリンがあった!

 

中心部のホコ天にはバスカーがたくさん。

みんなもれなく音楽系なのでそこまでライバルって感じではないけど‥

良さげなところはやっぱりもう抑えられてる。

しかもバスカーなんかよりも物乞いが多かったです。

 

物乞いって言っても、

ヨーロッパでよく見かける頭にスカーフを巻いたおばちゃんもいれば

若いヨーロピアン、例えばヒッピーみたいな人も

「HELP ME」って看板を持ってダンボールの上に座ってた。

それも何人も。

狭い区画の中でそういった若者を5〜6人は見たかな?

 

今まで他の町ではあまり見かけなかったのに

なぜこんなにもベルリンには若い欧米人が物乞いをしているのだろう‥

 

 

天気が悪い、寒い、人通りがありすぎる

今日の私たちは言い訳のオンパレード。

結局1時間くらい町をぶらついて場所を探したりなんかもしたけど

どうしてもバスキングをやる気合いスイッチが押せず。

今日はバスキングは諦めて観光することにしました。

 

 

⬇︎ベルリンの横断歩道の信号キャラクター。

アンペルマンくんです♪

 

⬇︎ベルリン大聖堂。

晴れてたら綺麗なんだろうなぁ‥

 

その横に流れる川で優雅にクルーズを楽しむ上流階級な人たち。

 

 

だがしかし、本当に天気が微妙。

さっきまで晴れてたのになんでなん‥‥‥

バスキング頑張らんかったからバチが当たったん‥‥‥?

 

 

というわけで。

 

どうもベルリンが好きになれなかった私たちは

カフェに行こう大作戦に出ました!!

 

ベルリンが悪いわけじゃないんです

天気が微妙で心までこもってしまったのかもしれません‥(´;ω;`)

 

でも天気が悪くても一目惚れする街もあるので

やっぱり相性が良くなかったのかもしれません。

 

あまり街を見て回れなかった場合

「また次のためのお楽しみだねー」

ってなる場合が多いけど、今回はユキものりも

「ベルリンはもういいよねー」

ってなってしまいました。

 

人好き好きですからね(・ω・` )

 

 

ベルリンのおすすめカフェへ

 

以前ブログからベルリン在住の方からご連絡をいただいたことがあり

その方に「ベルリンにはカフェ文化が根付いている」

ということを聞いていましたヽ( ´ ▽ ` )ノ

なので私はベルリンに行ったら絶対にカフェするんだ!って決めてました♪

アキさん、その節はありがとうございました!

 

事前に「ベルリン カフェ おすすめ」って検索すると

必ずといっていいほど、名前が出てくるお店がありました。

 

それが“BONANZA COFFEE HEROES”さん

 

カフェ激戦区のミッテ地区というところにあります。

このミッテ地区にたどり着くまでが楽しかった!

おしゃれな住宅街(高級住宅街なのかな?)になっていて

建物もカラフル!

 

お天気も回復したし、街もより素敵に見える!

太陽って本当に大事!!

 

 

やっぱり高級住宅街なのかな?

町のいたるところに小さなカフェがあって

どんな小さなお店でもテラス席というか、

外で風を浴びながらコーヒーを飲めるスペースがあって。

必ずと言っていいほど、犬を連れたおしゃれなマダムや

若い男のひととかがコーヒータイムを楽しんでました。

 

 

お店についてまず目に飛び込んできた看板!

こんな言葉が書いてあります。

 

Don’t die Before Trying.

 

飲む前に死ぬな。

なかなか強気です。笑

 

 

若い男女が回してるお店でした。

本格コーヒーで勝負します!!っていう気合いが伝わってきたのは

ドリップコーヒー・カプチーノ・フラットホワイトの3種類くらいしかドリンクメニューがなかったから。

 

コーヒーで勝負してるので内装もとってもシンプル。

でもなんだかんだおしゃれ。

 

いろんなコーヒーグッズや

 

自家焙煎のコーヒー豆も置いてありました。

 

それに、コーヒーのワークショップを定期的に開催してるのかな?

カッピングに使うようなグッズが置かれた棚もあったりして

コーヒー好きとしてはわくわくする空間でしたヽ( ´ ▽ ` )ノ

 

味は言うまでもなく美味でした。

のりは「個性が薄い?」と生意気なことを言っていましたが!笑

 

安定した美味しさでした!!!

 

なおWi-fiは店内では1ミリも繋がらず、外の方が強い模様‥。

 

ひっきりなしにお客さんが「カフェという空間」よりも「コーヒー」を求めてやってくるのを見るのが興味深かったです。

沖縄でもコーヒー文化をもっともっと根付かせたいな。

 

 

そんなわけでベルリン観光も駆け足で終了ヽ( ´ ▽ ` )ノ

もう少しのんびりできそうな田舎町を求めて

次の町へと移動します♪♪

明日は世界最古の〇〇があるあの町へ!

 

 

いつも応援ありがとうございます!!
\\\\ポチッ////

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
上の写真をクリックしてページが移行すると、ポイントが入る仕組みになってます!
今日も応援してくれる方は世界一周バナーをクリックお願いします(>_<)

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. ブンタカ より:

    まだベルリンが壁で分断されてた頃、ベルリンの東側で西側と行き来することの出来る仕事をしていた方達の間では、こんな事が言われてたらしいです。
    『西側で仕事して給料貰って、東側で住めば最高!』って、それ位物価が違ったんですねぇ~・・・
    気分が乗らない時には何をやっても裏目に出るので、バスキング中止は正解でしょう♪
    だって、周りにも二人の雰囲気が伝わっちゃうと思うからね?
    旅を楽しむのが一番なので、観光は良いですねぇ~♪
    そしてステキなカフェでのむコーヒー♪
    ところでカフェをする時に、コーヒーをたてるのはどの方式にするの?
    ネルドリップ?ペーパードリップ?ガスサイフォン?それともアルコールランプでサイフォン?もしかしてネスカフェゴールドブレンド?(笑)

    • YukiNori より:

      ブンタカさん
      ベルリンの東西を自由に行き来できたなら、その考えにたどり着くのは自然なことでしょうね‥
      一つの都市の中で暮らしや物価が違うってどんな気分だったんだろう‥
      いろいろ考えさせられました(・ω・` )

      バスキングはやる気はあるんですけど、どうしてもその町にたどり着くと怖気づいてしまうことが増えてしまって全然バスキングができなくなってしまいました(;;)やりたいのにできない〜〜って二人なのでお互いに甘えてしまう自分たちが歯がゆかったです。

      カフェを始めたら、ペーパードリップ、アルコールランプのサイフォン、ネルドリップ、アエロプレス、フレンチプレス、くらいは揃えたいなぁと思ってますよ(*^^*)もちろんエスプレッソマシーンも♪
      ネスカフェゴールドブレンドはないです(笑)
      ブンタカさんコーヒーにも詳しいんですね♪

      • ブンタカ より:

        以前(すご~く昔?)コーヒー専門店で働いていたので、多少は知識が有りますよ♪
        私はコロンビア豆が結構好きです♪
        でも最近はインスタントばかり飲んでます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です