【車で往復8000km超え?!】ブリスベン〜ウルル ラウンド⑥日目〜前編〜

 

川のほとりで目をさます。
きっとなかなかすることのない経験だろう。

 

 

ありがとうございます❤(。☌ᴗ☌。)

 

実はきのう初の車中泊を試みました!
超がつくほど小心者な私、実は初めての車中泊にかなりドキドキしていた。

 

 

アリススプリングスは治安も良くかなりの安全地帯らしい。
それでもやっぱり本当はやってはいけないという車中泊。
強盗とかが心配なわけじゃない、警察に見つからないかの心配。
(許可されている指定以外の場所で車中泊やキャンプをすると罰金が課せられるんだって。
国土面積世界6位のくせに…いいじゃないかよ〜〜〜!!)

 

安全そうな川のほとりにある駐車スペースを見つけたものの
正直かなり緊張しながら眠りについた。

 

とか言いつつも…
寝ることに関しては人一倍神経図太い私は朝までぐっすり。
なんて幸せ者なのでしょう。
となりにNoriがいるという安心感。
一方のNoriはというと私とは真逆。
体はデカいし狭いし、何かあったときには自分がなんとかしなきゃいけないという責任感。
少しの物音でも起きてしまうみたい。

 

結局全然眠ることもできないまま空が明るくなると共に行動開始。
あ、こんなところで寝たよー☆

 

潔癖性Nori、ダニを恐れてウィントンの毛布をかぶれず寝た結果、風邪をひいてしまった。笑
今では笑い話だけど、この時は私が暑い暑いと言っている間もずっとユニクロのウルトラライトダウンを着て過ごしてかなりお気の毒だったよ…。
何もしてあげられなくてごめんねぇ。

 

 

起きて一番先に確認したことは警察に見つかっていないかどうか。
幸いなことにフロントガラスには何も紙が貼られていなかった。

 

ふ〜よかったぁ。
胸をなでおろす。

 

お風呂には入れないけど、せめてもの歯磨き。
ペットボトルのミネラルウォーターで洗い流します。
贅沢歯磨きです。

この頃になると夜にあった緊張感は消え、無事に車中泊ができた達成感で満たされていた。

 

さぁ今日はいよいよウルルに到着予定だ!!
今日は何事もなく…
どうか何事もなく無事にたどり着けますように…!!!

 

お天気はこの日も安定すぎる曇り…
ここまできたら本当に笑けてくる。

 

いい加減晴れてよーーー!!

 

目的地ウルルへと車を走らせる。
アリススプリングスからウルルがある町ユララまで約460km。
6時間ほどで到着する予定だよ。

途中私たちを何回も悩ませた“FLOODED WAY”があったけど、すでにこなれていた。
ここに来るまでいくつもの小川が流れる道路を通ってきたんだもん。
ウルルまであと数百メートル…

 

あっ日本語だ!!!

 

私の目に日本語の文字がうつった。
みなさんご存知、“世界の中心で愛を叫ぶ”の影響なのかな?その前からなのかな?
エアーズロック(ウルル)は日本人に人気の観光地。
私の頭の中で“日本語表記の看板が出てきた=ウルルが近づいている!”と認識された。
テンションがあがり、わざわざ車を停めてまでして看板の写真を撮った。
書いてある内容はシートベルトをしめましょうなんだけどね(๑•̆૩•̆)

そこからもう少し走っていると、あることに気付いた。

 

あれっ?…晴れてる?!!

 

私たちの願いが通じたのか?さっきまで曇っていた空に青空がのぞいていた。
最初に泊まったカラウンドラの宿を出てからずーっと曇っていた空が晴れている。
ウルルに近づくにつれて雲の数はどんどん少なくなっていき、ついにはピッカーンと晴れた青空になっていた。

 

すごーーーーい青空だぁぁぁーーー!!!
聖なるウルルでは私の雨女の力は通用しないのか…?
車の窓を閉めていても太陽がジリジリと照りつけ痛いほどだった。
それにしても晴れてるだけで人を笑顔にしちゃう青空ってすごいね。
それにぞっと雨曇りだったのに目的地に来た瞬間晴れるっていう運の強さもすごい!

 

ある角を曲がったところから何か大きな山が見えてきた。
直感で私はそれがウルルだと思った。

 

わぁーNoriー!
ウルルが見えてきたよー!!!
やばいっでかいねっ!!!

 

興奮した私は運転していたNoriに車を休憩スペースに停めるようお願いし、その大きな“ウルル”をバックに写真をとることにした。

 

まだ目的地まで100km以上あるのにここからでも見えちゃうくらいウルルって大きいんだね!
ウルルってすっごいんだね!
わ〜ついに来ちゃったね〜!!

 

興奮する私を横目にNoriは冷静だった。

 

Yuki〜。あれね、ウルルじゃないと思う。

え。

もう頭の中でアレがウルルだと信じ込んでいる私はその言葉を無視。
なんで人が感動してんのにそんな気分下がること言うかなぁ。(←めっちゃ怒ってる。

 

車に戻り感動に浸りながらも目的地に向けて再び進んでいると先ほどの“ウルル”は私たちの背後へと消えていき、やがて見えなくなった。

 

はいお気づきの通り、先ほどのはウルルではありませんでした(/ω\)
あーはずかし(/ω\)
ウルルだー!!!ってめっちゃはしゃいだのに(/ω\)
バカなの?やっぱりバカなの?
そりゃあ目的地100km以上先なのに見えたらすごいよね(/ω\)
さっき怒ったことを全力で謝りたくなった残念な私なのでした(/ω\)

 

帰りに通ったときにわかったんだけど、アレはなんとかという名前の山なんだそうな。
すごく大きいし迫力もあるし、もしウルルがなければ間違いなくあの山が主役になってただろうな。

 

念願のウルルについたのは正午頃だった。
正確にはユララに到着。
ユララという町にホテルやスーパー、郵便局などが密集している。
観光客はここを拠点にして、18km離れたウルルという名の巨岩を見に行く。
車で来ている人たちは自分の車で自由に行き来できるし、そうでない飛行機で来ているような人たち向けには色んなツアーが組まれているようだ。
それにしてもウルルやらヤララやら、まぎらわしいね!

 

チェックインの時間は15:00。
まだ少し時間があったので、先にウルルまで足を運ぶことにした。

 

車を走らせてる間もずっとウルルが見えてる。
あ、今度は本物ウルルね(/ω\)

でっかいなぁ〜。美しいなぁ〜。

 

でも正直、本当に正直言っちゃうとね?
思ってたほどの衝撃的感動は味わえなかったんだ。
だって、ワクワクして楽しみにしてからの…
どーーーん!ドヤッこれがウルルやで!!!
ってドヤ顔でウルルには登場してほしかったんですよねぇ…。

 

でも実際はウルルのふもとに着く前、むしろユララに着くだいぶ前から見えてたんだもん。笑
そりゃそんだけでかいんだから遠くからでも見えて仕方ないんだけどね!
というか偽ウルルで感動しずぎて本物の感動が薄れたんじゃないか疑惑…

 

あれ?検問所のようなゲートが見えてきた。

え?なにこれ?

 

PARK ENTRY STATION
Uluru Park Fee
$25 for 3days

 

えええええ、お金かかるんですかぁーーーー
知らんかったーーー!!!

 

…どんだけ下調べしてないんだって話ですよね!笑
ただ“お金を払う”という考えがなかった私たち。
ドライブスルー窓口のお姉さんにお金かかるの?とアホ丸出しな質問をしてみる。

 

は?( ◠‿◠ )みたいな顔をされつつ、一人$25で三日間有効だよと教えてもらった。
再度値段の高さにビックリして一回出ていいですか?と言って、一度その場をあとにする。

 

でもここまで苦労してやってきたのに入場料が高いからって中までいかないのってないよね。
確かにウルルはオーストラリアの国立公園。しかも世界遺産。
なんでお金がかからないて思ったんだろう。
本当にバカだな〜

 

そう言ってすぐにまたゲートに向かう。
さっきと同じお姉さんでなんとも気まずい。
しかもGoProでムービーを撮ってたら撮らないでって怒られた。笑
なんか色々ごめんなさ〜い。

 

そして三日間の入場パスをゲットして、さっそくウルルのふもとへと向かった。
名前書いてねって言われてペンがなかったので口紅で記入。

入場パスと一緒にウルルガイドみたいな紙ももらったよ。

 

Uluru – Kata Tjuta National Park と呼ばれるここは、私たち日本人がよく写真集などで見る“ウルル”と、もうひとつウルルとはまた別の“カタジュタ”という巨大ロックが存在する。
それぞれに見所があるようで、この紙には細かくそれが記されていた。

 

う〜んどこ行けばいいかよくわからんから車を走らせてなんとなくここかなってところでとまろ!

 

そして“なんとなく”で MALA WALK というところにたどり着いた。。

 

見て!この見渡す限りの青空。

これが何を意味するか・・・

 

あっつ〜〜〜い!!!!!

 

晴れて晴れて〜て願ってたけど
ちょうど太陽が一番真上にあるような時間帯。
こりゃ身の危険を感じるほどだぜ。
とりあえず歩いてみることにした。

これどこまで続くのかな…?
Yukiここ歩きたい?

 

ううん、別にいい( ◠‿◠ )
というか暑さ以上にハエの多さに堪えられない。

 

そんなかんじで写真数枚だけ撮って50mくらい歩いただけなのに引き返すことにした。

 

次に見つけた場所は CAR SUNSET の駐車場。
文字通りサンセット(夕日)を眺められる駐車場だ。

 

うぉぉぉぉ〜〜〜これこれこれ〜〜〜!!!

 

ずっと教科書?とか世界の絶景写真集で見てた景色が今目の前に。
たぶんここからの角度が一番“ウルル”なんだろうなぁ。

ウルルをバックにお遊びショット☆★☆★


 


(↓“ウルル”!!)

 

 

こんな写真じゃあウルルの迫力伝わらないよね!
じゃあこれでどうだ!

デーーーーン。
本当におっきいんですよ、ウルルのやつ。

 

CAR SUNSET というくらいだから、サンセットの時間帯になると人でにぎわうのかな?
私たちがここで遊んでいる間、4〜5台くらいの車しかこの駐車場に来なかった。
しかもみんな少しチラ見をしてすぐに立ち去っていく。

 

なんで?こんなにいい眺めなのに。
これはもしかしてチャンス…?

 

明日も人の少ないこの時間帯を狙ってここで撮影会だ!

 

この旅のメインイベント
ウルルでウェディングフォトはこの場所に決定!!

 

ここまで読んでくれてありがとうございます☆
ここまででまだ一日の半分です。
午後からも素敵な出会いと楽しいことがてんこもりでした(*^^*)

 

また書きますので明日も見てくださいね♥︎

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です