【車で往復8000km超え?!】ブリスベン〜ウルル ラウンド⑥日目〜後編〜

 

チェックインの時間になった。

 

 

今日も旅にこブログに来ていただきありがとうございます♥︎
今から読むよ〜の1ポチ、お願いします(*^^*)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

今日私たちが泊まるのは

Outback Pioneer Lodge というホテル。

ウルルリゾートの中では、(テント泊を除けば)一番リーズナブルなお宿。

ホテルと言っても私たちはドミトリータイプの4人部屋を選んだよ。

フロントで鍵をもらって部屋に入るとそこにはなんとも

“ファンキーな”おばあちゃん2人がすでにくつろいでいました☆

 

ALOHA〜♬

 

挨拶はなぜかハワイアン?笑

けど英語の発音的に彼女らはオーストラリア人だね。

すっごくフレンドリーで感じもノリも良く、お話を聞くのが楽しかったんだ。

 

聞けば2人は姉妹なんだそうな!

姉妹と聞いた瞬間鳥肌がたち、声が小さい私なりの“大声”で

 

姉妹なんですか?!うらやましい!!

私姉妹がいないんです〜〜!!

お姉ちゃんでも妹でも本当に姉妹がほしかったから

こうして姉妹旅行してるあなたたちが本当に素敵で羨ましいです〜!

 

と、私の思いを伝えた。

 

姉妹で年末年始に2人だけで旅行をしている彼女たち。

家族もいるだろうけどきっと子どもも巣立っていってやっと自分たちの時間を作れるようになったのかなぁ?

私のお母さんにも、Noriのお母さんにも、

お互いのお姉ちゃんとそういう体験させてあげたいなぁって

思ったり色々な感情が生まれてすごく心に残った出会いでした。

 

これからサンセットキャメルライディングに行くんだって。

砂漠からラクダに乗って夕日を眺めるツアー。

なんて良さそうなの〜。

そんな高額ツアーに私たちが参加できるわけもなく、

夕日が沈むまでプールで遊ぶことにした。

 

お部屋は4人部屋だけど、それ以外は共同キッチンも広く清潔に保たれていたし

トイレもシャワールームもめちゃくちゃ多かったしプールも入り放題で

西部劇に出てきそうなかんじのバーは開けていて誰でも自由に出入りできるような雰囲気

全体的に開放的な雰囲気ですごくすごく素敵!!

今回の旅で間違いなくナンバーワンホテル☆


 


しかもお部屋から歩いて3分の展望台からはウルルががっつり見えたよ(*^^*)


もう一つのカタ・ジュタも見えます。

 


あれっ珍しく今日はNoriの写真が多め…笑

※神聖なるウルルを踏んではいけません。

ちなみにNoriのこのドピンクなハーフパンは、ネットで買った海水パンツね。

ネットだと赤ぽかったのに届いたのが派手派手ドピンク!笑

仕方ないから愛用してます。笑

 

とかげちゃんもいたよ☆

 

そういえばウィントンの二日目の宿で1メートル近くのとかげを見たんだー!

嘘のような本当の話!

外にいてとっさの出来事で写真に収められなかったのが残念だったなぁ。

体によじ登ってくるから近づいちゃダメだよって他の宿泊客に教えてもらえなかったらきっと間近まで見に行ってたかもしれない…笑

ちなみにこの写真の子は15センチくらいのおチビちゃんだよ☆

 

プールで遊んだあとは軽くパスタを作ってチェックイン前にも行ったCAR SUNSETへと足を運ぶことにした。

目的はきれいな夕日を見るため。

夕日フェチの私としては、ウルル×夕日をかなり楽しみにしていた。

 

自宅から持参してきたアウトドアの椅子がここでは大活躍。

が・・・・

まさかの一眼レフの充電し忘れ

ガーーーーーーーン。

 

自分の詰めの甘さにとことん嫌気がさすぅ〜。

ラッキーなのは今日がまだ一日目だったということ。

明日リベンジできるもんね♬

今日は仕方ないのでたくさん目に焼き付けよう!

と自分で自分を励ましながら夕日が沈むまでの時間を椅子に座ってただ楽しんでいた。

 

まわりには立ったままそれを一緒に待つ人々。

贅沢な時間を過ごしてるなぁとしみじみしていた。

すごくビックリしたのはね?

カーサンセットっていうくらいだから“夕日とウルルを眺められる場所”って思うでしょ?

それが私たちの予想に反して、私たちの後ろの方に夕日は沈んでいったんだぁ!

ウルルは目の前にあって、きれいな夕日を見るにはウルルに背を向けなきゃいけない。

 

なんでここにCAR SUNSETの駐車場を作ったんだろう??

夕日フェチの私は不思議で不思議で仕方なかった。

 

きっと陰の具合とか、ウルルの色が昼間と変わってみえるのとかが魅力なのかな…?

ウルルの向こう側に夕日が沈んじゃうと逆光でウルルがただの黒い物体になっちゃうからかな?

結局は“夕日”じゃなくて“ウルル”が主役ってことだね☆

 

写真を2〜3枚くらいしか撮ることができないままあたりは暗くなってしまった。


みんな帰っていく。私たちもぼちぼちかえろっか。

 

とても神秘的だったけど、やっぱり夕日×ウルルが見たい。

明日は違う場所から夕日をみよっか。

というか帰ったらすぐにバッテリーの充電もしようね。うん。

 

今日のお楽しみはまだまだココからだったのです!!

だって今日は12月31日!年の瀬ですぜ〜☆

 

先ほどにも言った西部劇に出てきそうなバー

宿に戻るとこのバーにドレスアップした人々が集まっていて、すごいにぎわいをみせていた。

 

自然とワクワクした気持ちになる。

私たちも少しばかりのドレスアップをして、そのバーで今年最後のお酒をいただくことにした。

 

ステージには一人のシンガーがギターを演奏しながら誰でも知っているような曲を歌っている。


ビールを買うのに10分近く並ばないといけないような状況。

もうすぐ年越しだからってみんな浮かれぽんちだな〜。

って、私もか!

 

お酒を飲んで楽しく騒いでるグループ、大人しくお食事を楽しんでる家族、

まわりのことなんか見えてませんというようなラブラブ中年カップル、

こうしなきゃいけません!という雰囲気なんてなくて

みんなおのおの楽しんでいてすごく素敵な空間だったな。

 

23:50盛り上がりは最高潮だった。

大勢の人がみんなステージ前に集まり、カウントダウンのときを待っていた☆


音楽に合わせて踊る人々。

私はもともとこういう音楽・お酒・ガヤガヤした楽しい空間が好きですぐに馴染める方。

Noriは逆に苦手で最初の方は人見知りならぬ場所見知りしてたけど、カウントダウンが近づくにつれて私と一緒に踊ってくれるようになってた!かわいー笑

 

そしてその瞬間はきた。

 

『ファイヴ、フォー、スリー、トゥー、ワーン・・・』

 

HAPPY NEW YEAAAAAR!!!!!!

 

その様子はぜひ動画で見てみてください⭐︎

あちこちでハグしたりハイタッチしたりキスしたりみんな新しい年を迎えた喜びをお祝いしていた。

 

新年を迎える瞬間っていつもなんだかエモーショナルな気分になる。

子供の時その瞬間を涙ながらに迎える両親や叔母を見てなんで泣くんやろう?

って不思議だったけど、年をとるにつれて自分もそうなってきてるなってわかってきた。

 

 

初めてオーストラリアで過ごす年越し。

お祭り騒ぎですごくすごく楽しかった。

 

2016年は私たちが留学後再会して連絡を取り合うようになった当初からの夢が始まります。

二人で世界一周すること。

 

きっと私たちは、世界一周ブログ人気ブロガーたちみたいな

“THE・旅人‼︎”みたいな旅はしないと思います。

 

だって危ない橋なんて渡りたくないし、無理するのも痛いのも怖いのも汚いのも臭いのもいやだもん。笑

節約旅しなきゃいけないて言っても出来れば同じベッドで一緒に寝たいし。

 

だから、面白い旅が出来るかなんてわからない。

どんなことが起きるかなんてわからない。

けど、Noriと一緒だったら世界中どこへ行ってもバカみたいに笑ったりできる自信はあるんだ。

どこへ行っても二人一緒なら楽しめる!

なんだろう、この揺るぎない自信…笑

 

自分たちがやらないといけないこと、というかやりたいこと。

日本に帰ったら絶対にやりたいこと。

ブレない今後の人生の目標があるからこそ、2016年は私たち自身が精一杯全力で楽しむしかないと思ってます!

 

どうか、応援してくれたら嬉しいです(*^^*)

 

2016年もこんな私たちをどうぞよろしくお願い致します!!

 

 

ブログランキングに参加してます☆
facebookのいいね感覚で下のバナーをポチっとしてくれたら
ランキングに反映される仕組みになってます☆
応援おねがいします(๑•̀ㅁ•́๑)✧
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です