【1500kmの道のりを1日で!】ブリスベン〜ウルル ラウンド⑨日目

 

さて、今日は一気にアデレードまで行くぞ〜!!!
1500kmの道のり。果てしないな〜。

 

 

本当にありがとうございます♡

 

全く眠れなかったNori。
眠れなかったなりに、やることはやってくれていたみたい。
何かというと、空気圧について調べること!

 

 

 

Noriも私もね、車の知識って全然なくってね
それでもこのオーストラリアで長距離運転するにあたり色々下調べはしてたんです。
その時に一番心配になったのがバースト。

 

バーストが起こるのにはタイヤの空気圧が関係してるみたいで、今日は朝一番にガソリンスタンドに寄ってチェックして必要であれば空気を入れていこうと提案してきた。

 

Noriがウェブで調べた情報によると、その車に合った空気圧の数字がタイヤもしくはドアの内側に書いてある、とのこと。

 

私たちが着いた時、空気圧の機械は32psiになっていた。
↓こういう機械ね☆

ふむふむと思いながら、タイヤにそれっぽい数字が書いてあるか見てみるとMAX50psiと書いてあるのを見つけた。

 

よし、じゃあ50にしよう!とNori。
え、でも来たとき32だったけど50ってやりすぎじゃない…?と心配性Yuki。
じゃあ間をとって(?)45にしよう!

 

と、空気を入れていると店員さんらしき人がたまたまやってきて私たちの近くで作業をしだした。

そして私たちの行動の一部始終を見ると怪訝な表情をしながら近づいてきた。

 

ちょっとそれ空気圧あげすぎだよ。
普通は30くらいなもんだよ。
それじゃあ走り出したらすぐにボンってなっちゃうよ

 

って(・▽・)

 

そして『ドアの部分に数字が書いてあるはずだよ』
と、私たちが確認を怠ったそれを見つけ出してくれた。

 

結局私たちの車の適正空気圧は35psiだったんだ…

 

この親切な店員さんのおかげで私たちは命拾いすることができた。

 

教えてくれて本っ当にありがとう!!!
あなたに出会えてなかったら私たち事故ってたね〜!

 

感謝を伝えてその場を後にした。

 

いや〜命拾いしたねぇ。
あのガソスタに行ってよかったね。
私たち何かに守られてるね☆

 

どこまでも能天気カップルだなぁ。

 

けど日本にいたらガソスタの店員さんが空気圧チェックしてくれて勝手に調節してくれるから、きっとずっと知ろうともしなかったかも。いい勉強になったからいっか!

 

この日もいいお天気!(↓この写真何気にお気に入り)

しばらく走っていると州またぎの看板が見えてきた。

 

South Australia〜〜〜!!!

 

ウルルは意外にもサウスオーストラリアのすぐ近くなんだね。
クイーンズランド州、ノーザンテリトリー州と続いて南オーストラリア州!!

せっかくなので普段できないことをして遊んでみようのコーナー

 

道路に寝そべってみよう!

危ない〜て思うかもしれないけど、ずっと続く一本道で車が全然通らないの!

 

空が青くて遮るものがないから気持ちよかったよ〜!!

 

続いては私。
この写真を見て、あ〜○○○ね!ってわかる人何人くらいいるのかな?笑

正解は昔流れてた武富士のCM。

 

Noriに『なにそのポーズ』て言われて
え〜武富士やん!て言ったら
なにそれ!て笑われた。

 

うそや〜〜〜ん!絶対知ってるでしょ!
ジェネレーションギャップて言ってもたった3年ですぜ?!
絶対見たことあるでしょ?!笑

 

あ、さては沖縄にこのCMが流れてなかったのか?
そういうことかぁーーーーー!!!

 

ちなみにこれね☆

 

記憶を頼りにやったから若干違ってた。笑


最後のチャラララッてとこが私の写真のポーズのつもりです。

 

こんな感じでちょこちょこ車を止めては遊んで、
車を止めては……

少しずつ着実に目的地のアデレードへと近づいて行きます。

 

移動日のこの日、私の心をガシッと掴んでくれる景色に出会いました。
それはまた明日書かせていただきたいと思います。
だからまた明日も遊びに来てくれるかなー?いいとも〜!!
いいともって死語になりつつあるよね!あぶないあぶない。

 

リアルタイムでは1月23日。私たちは今ゴールドコーストに遊びに来ております!
そして新しい出会いがありました。

 

ブログに書くのが楽しみだなぁ〜(*^^*)

 

ということで、短いですけど今日はここまでです☆

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です