どうしてそんなに優しいの?

 

 

 

イアンの奥さんPatと子どもたちも一緒に来てくれた

12歳の長男Hesselはビーチに、14歳年頃の長女Tillyはもしかしたら

繁華街にショッピングにでも行きたかったのかもしれない

 

奥さんPatはNoriたちが車を修理してる間の何時間も、

英語がなかなか喋れない私相手にわかりやすくゆっくり丁寧に、

ずっとにこやかに話し相手をしてくれていた。

 

 

Noriも書いてたけど海のない田舎町から車で約3時間…

きっとおのおのやりたいことがあっただろうに、

私たちのトラブルにとことん付き合ってくれた

 

なんでそんなことができるんだろう…?

 

友達から“車が故障したんだ”と連絡を受けて

“I think I can help you”と言って

190Km離れた町まで飛んでこれる人って

世の中にどのくらいいるだろう…?

 

日本に例えるなら東京に住んでいて、

新潟県の越後湯沢まで家族を引き連れて車をぶっ飛ばすようなもの…

ましてや昔からの親友で恩があって、、、

とかじゃなく出会って2ヶ月の友達…

 

きっと私にはできないと思う

 

感謝の気持ちとなんでだろう?という不思議な気持ち。

Why? じゃなく How? という気持ち

どうやったらイアン家族みたいに人に優しくできるんだろう

 

イアンありがとう。

 

体もだけど、なによりも心がBIGな男だ

 

そんなBIGなボス(父)がいるから

他の家族も温かいんだ☆

 

ありがとうありがとう。

 

Noriと合流して3日目

 

無事に車も直り

イアンfamilyとバイバイして

感謝の気持ちを胸に

私たちは念願のドリームワールドへと向かった

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です