世界中でウェディングフォト〜初☆レスリーダム編〜

 

2015年11月15日
私Yukiの誕生日に合わせて、旅の計画の第一歩が始まった。

 

向かった場所はウォリック市民憩いの場、レスリーダム。
前の日に、スタンソープに一緒に行ったゆりさんにウェディングフォト撮影することを伝えると
『良ければ私も明日見に行ってもいい?』
と言ってくれた。
見るだけではもったいないと、カメラマンを頼む事にした。
快く承諾してくれたゆりさん、神です。

おうちの中で試着大会して、そのままの勢いで車に乗り込んだ。
あの1年半前にNoriが思いついた夢がほんとうに実現するなんて…

 

あいにくこの日は曇り予報。
さすが私。どこまでいっても雨女だ。

 

ダムに着き車の外に出て着替えを始める。
日本から持ってきたドレスは後ろが編み上げタイプになっていて、とても一人では着られない。
Noriにきつくしばってもらった。

なんとも恥ずかしいような嬉しいようなこそばゆい感覚だった。

 

ゆりさんが来てくれたおかげで準備風景も写真に収めることができたよ!
『ゆりさんありがと〜〜〜!!』

 

私たち同様、一眼レフなんてほとんど触ったことのないゆりさんに撮影を頼んでいたので、Noriが見つけた“三連写してその中のベストショットをカメラが自動選択してくれる”機能をつかって撮影してもらうことにした。
これが結構失敗だった。笑
撮影中はわからなかったけど、家に帰って写真チェックしてるときに気付いた。

 

ぶ、ぶ、ぶ、ブレているーーーーー!!!
(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

 

あとからわかったんだけど、これは三脚を使ってしっかり固定して撮影するときに使う機能なんだって!笑
まぁみんなカメラ初心者だもん。
初ウェディングフォトがこんなかんじっていうのもまた私たちらしくていいよね☆

 

ここに来るまで1年半という期間があった。
めちゃくちゃ頭の中でこんな写真が撮りたい、あんな写真が撮りたいとイメージしてたのに…
実際写真を撮るとなるとポーズが浮かばない笑

 

とりあえず抱きついてみる。

とりあえず定番お姫様抱っこ。

とりあえず抱きついてみる。

とりあえず定番お姫様抱っこ。

 

 

とりあえずおっぱい。←え

 

 

 

雲の隙間から夕日が顔をだしたよ!

ブレてるしYukiの足下のビーサンが見えちゃってるし
Noriはシャツが出ちゃってるけど、とても好きな写真☆

 

この日はひたすら風が強くて寒かった。
しゃ、しゃ、しゃむい…

寒いからくっついてみる。

ほんとに寒いんだよっ!笑

Noriのこの手なに?笑

 

もう日も沈んだし、そろそろ終わりにしよっか。

ふ〜〜寒いさむい。。。。。

余韻に浸る間もなく、早く車に戻ろうの図

 

そして私のお気に入りの写真がコレでーす!

ドレスの裾をまくってカジュアルで素敵☆(自画自賛)

 

この日、私たちの100mほど先でも何やら撮影会が行われていたよ!
ヒラヒラする白い布、男女、専属カメラマン…

白い布=ウェディングベール?
もしかしてお隣でもウェディングフォト撮影をしているんじゃ?!
そう思ったけど、違ったみたい。
Noriとゆりさんは目が悪く見えなかったらしいけど
(望遠レンズがないためズームできず…写真でもわからないね)
視力1.5の私には女性のお腹を大事そうに触る男女の姿がしっかり見えた☆
白い服を着た子どもも二人いたことから、きっとお腹には三人目の赤ちゃんがいて、記念に家族でマタニティーフォトを撮っているんだろうなと思った。

 

『なんて幸せな愛の形なんだ…!!』

 

今ここでウェディングフォトを始めた私たち。
世界一周をしたらそれで終わりじゃなくて、
その先にも幸せのかたちは変わりながらずっと続いていくんだなぁ。
遠くてよく見えなかったお隣の家族に教えてもらったような気がした。

 

よしっ私も将来子どもができたらマタニティーフォトは絶対撮ってもらろう☆
新しい夢が芽生えたぞ☆
写真はブレブレだし私たちのポーズはグダグダだし、思い描いてたようないい写真が撮れたわけじゃないけど、なんかもう最ッ高の気分!!!!
旅を始めるずっと前から語ってた私たちの夢が本当に始まったんだ…!!!!!

 

一見無謀そうに思える夢でも少しずつ小さくても一歩ずつ進んでいけばそのスタートラインにたつことはできるんだね☆

これから世界中を旅して、世界中でウェディングフォトを撮って、世界中の人と出会って、旅慣れとかしていくのかもしれないけど、この夢のスタートラインにたてたこの日のこの気持ち…忘れたくないな!

 

世界一周のために仕事仕事仕事・貯金貯金貯金・・・
友達とも会わず遊びにも行かず、Noriとは遠距離。
連絡も頻繁にとれるわけじゃなくて苦しい時はほんと辛かった…!!
休みもなく体がしんどくてもういやや!
なんでこんな頑張らんといけんが?て思った事何回もあった。

 

あの時投げ出さなかった自分に、今日の自分を見せてあげたい☆
いっぱい頑張ったから、夢が始まったよ☆

“夢が始まった”これが私にとっての最高の誕生日プレゼントだ☆

 

私が私として生まれてこれて本当によかった☆

 

改めて撮影に協力してくれたゆりさん
and for Nori who made my day so special.
Thanks a million!!!!!♡

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です