【マナ島最終日】バカンスはマナ島だけ!?またもやナンディで汗だくのクタクタにぃ


はいさ〜い♪

 

今、リアルタイムではオーストラリアからバリ島へ向かってます
実は今回バリ島に行き先を決めたのも理由があります。
実はあの有名な〇〇に会いに行くため!
人のご縁が僕たちを〇〇に会う機会を与えてくれましたぁ
今、ワクワクして足が地についてません!
なんせフライト中なもんでぇw

 

 

 

今日も訪問ありがとうございます。

 

 

 

 

 

さてさて、今日はマナ島【最終日】
見慣れてしまった美しすぎる海とも”さよなら”と思えば
恋しく思えて、また戯れたくなる。
今日は昨日出会った。
フィジーの語学学校に通ってるアツコさんと
一緒にワイワイ会話をしながら楽しい朝食

 

 

帰りの船(ボート)が迎えに来るのが11時ごろ
それまで僕らはゆっくり荷造りして
帰りに備える予定だったけど
アツコさんはというと荷物を僕らに預け
ボートが迎えに来る本当にギリギリまで
ギシュノーケリングをしてマナ島を満喫していた
見習いたいなぁ・・・こういうところ!
勉強なります!!

 
いつもダラダラなユキとノリもアツコさんに刺激を受け
ボートが停泊している数分間、負けじと写真撮影をした
ヤシの木とユキ

 

ヤシの木とノリ

 

 

そして停泊するボートさんと綺麗な海

 

 


フィジーに来て、初めて落ち着いて海に入ったり
食事をとったり、パソコンとか携帯を充電できたり。。
普通の生活ができたマナ島。
お陰様で、二人しっかりこんがり君
(今、ちょうど日焼けの後、皮がむけ始めてますw)

 

 

充電できること、食事が普通に出てくること
何よりも電気がつくこと、ファンが回ること
ちょっとした当たり前を喜べたマナ島。
声を大にして『ありがとなぁ〜♪』

 

 

 

バイバイ!マナ島

 

小さなボートが信じられないほどのスピードで海の上を走る
海上の暴走族!?w
波しぶきが石ころのように感じるほど痛い
石ころに勢いよく顔を殴られながら
一番前に座ったことを後悔した。

 

 

今日の僕らはナンディについてからが激しかった!

 

 

ツアーのスタッフにバスで次泊まる
”ワイロアロアビーチリゾート”まで連れて行ってもらい
無事チェックインを済ませ
荷物を置くなり財布を持って街に向かうユキとノリ
なんせ時刻は13時を回り7時に食べたから
お腹が空きすぎてヘロヘロの腹ペコペコ!
韓国語でいうと”ペコパ”!!そ、そんなことはどうでもいい!

 

宿のレセプションでバスの来る時間を確認
スタッフ『今日は日曜日だからバスは大通りしか走ってないわよ』と言われる
ユキ&ノリ『ええっ!!??まじかぁw』

 

わかった!

考えてる時間も惜しい
大通りまで熱くしかない
この炎天下の中数キロの道のりを腹ペコの状態で歩く
どんどん少なくなる会話
その時すでに14時を回っていたぁ

 

20分後。。まだ僕らは歩いていたぁ
会話という会話はなく
『あぁ・・・』とか『うぅ・・・・』とか
千と千尋の神隠しの顔なしぐらいの声しか出ない
やっとの思いで、大通りのバスが見えてきたぁ
バス停のベンチでぐったりするユキとノリ。。

 

 

 

ようやく来たバスの運転手に一人70セントを渡して
スムーズに乗車!!

 

 

ここからシティーまでは数分で着く

 

 

 

二人とも、もう数分で暖かいご飯にありつける安心感で
ようやく会話が戻ってきたぁ
よっしゃ〜!!

 

 

 

勢いよくバスから降りて
レストランに向かって駆け足=3
っと、あることに気づく二人。。
ユキ『そういえば現金持ってない』
ノリ『カード使えなかったっけ??』
ユキ『たぶん・・』

 

 

やっちまったぁ〜!

 

 

まずは換金所ヤァ!!
換金所に駆け足=3
街中走り回っても1件も空いてなかった。
なんせ今日は日曜日・・・
もうこうなったら手数料10ドル(約600円)かかるけど
カードを使ってATMで現金を引き出そう!!

よし!!
ATMへ駆け足=3
ノリがもってるオーストラリアのカードを使いキャッシュを300ドル・・

 

 

ユキ&ノリ『おろせないぃぃぃいい!!??』
ユキ&ノリ『なんでぇ〜!!??』
数回試みるがやっぱりダメ・・・

 

 

そこで伝家の宝刀!!
7年前からお世話になっている新生銀行キャッシュカード登場!!
これなら絶対できるはずだ!!

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 
ユキ&ノリ『おろせないぃぃぃいい!!??』
ユキ&ノリ『なんでぇ〜!!??』

 

 

 

数回試みるもやっぱりダメ・・
ATMにいすぎて地元のフィジアンに『大丈夫か!?』と声をかけられる始末。

 

 

 

頭はなんで!?なんで!?オンパレード
ユキになんでかなぁ〜って話しかけるも
ユキはお腹が空きすぎて頭が回らず
顔がはてなになってるし
見るからに力がない
体もだら〜んとして日射しで溶けそうなほどヘロヘロw
もう時計は3時を回ってる。。。
朝食を7時に食べて何も口にしていない水さえも飲んでいない二人。
もう一度言う。朝食を7時に食べ8時間何も口にしていない二人。

 

 

 

とりあえず水だけ買って喉の渇きをどうにかして考えよう。
っと言っても今日は日曜日。。どこも空いていない
行こうと思ってたレストランでさえ空いているかさだかではない。
所持金を確認するも6ドルと少し。。。
ご飯も買えないしタクシーも乗れない。。

 

 

 

もう二人の体力も限界

 

 

 

ノリのオーストラリアのカードが使えないのは
普通口座から貯金口座に全額移動していたため
残高が0ドルだからだった。。(ノリのバカ・・)
ネットが使えればリアルタイムでお金の移動ができる
が、この日に限って二人とも携帯を宿に置いてきていた。。(ノリのバカ・・)

 

 

 

宿に帰って携帯をとり、ネットでお金を動かせれば問題は解決出来る
これは間違いない!!

 

 

 

早く宿に帰って
美味しいご飯が食べたい!
が、帰り道、バスで降りた後に数キロ歩く体力と気力が二人にあるわけがない・・
その時、さっきまでお腹が空きすぎて頭が回らなかったユキが閃いた!
この持ってる6ドル数セントでタクシーのおじさんに交渉して往復してもらおう
それしかない!それしかない!それしかない!

 

 

 

タクシーが止まってるのは発見し
二人助手席の窓から顔を入れて
運転手に頼み込む
ノリは本当にお金ないことを見せるため
財布を逆さにして揺らしまくる
ユキは可愛い顔でお願いね!お願いね!作戦!

 

 

 

僕らの全財産でタクシーが往復を許可してくれた!
やったぁ〜!!

 

 

 

早速、宿に帰り
携帯を持つ!
念のため、ユキのクレジットカードも持つ!
ノリはタクシーに走って戻る
6ドルで街と宿の往復に成功!
笑みがこぼれる

 

 

タクシーの運転手に本気でありがとうを伝えきる!!

 

 

 

ゴール目前の僕らの顔は緩みっぱなし!
電波の状況が悪いため
念のため持ってきた、ユキのクレジットカードでATMでキャッシングを試みるぅ


が、なぜかおろせないぃぃぃいい!!??
(それもそのはず、ユキのクレジットカードにはキャッシング機能は付いていなかった。)
バカたれ!!!!
何をやっても上手くいかない今日!
二人ともフィジーでバカ丸出しw

 

 

 

ようやく繋がったネットで
ノリのオーストラリアの貯金口座から普通口座にお金を移動することに成功
最後の砦!!
カモ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!
キターーーーーーーーーー!!!
手数料12ドルとられたけど
現金ゲットーーーーーー!!!!
思わずATMの前で抱き合い!力強いハイタッチをする!!
これでご飯が食べれる!!

 

 

 

ここまで長かったぁ。。。
僕たちが現金を手にいれた時時刻はもうすでに4時を回っていた。
よくやったぁ!

 

 

 

近くにあるレストランに入り
二人迷わずビールを注文!!
水さえも飲めなかった9時間
喉の渇きは並大抵なものではない
しかもこの炎天下の中。。。
よく頑張った二人にご褒美のビール!!
冷えたビールが喉を通る瞬間
二人この日最高の笑顔だった

そして
焼きそばみたいなご飯に


チョップシーという野菜炒め!!

美味しくいただきましたぁ!

これも一つ勉強になったぁw
学び①:現金は持ってた方がいい!
これ間違いないっす!!
数本のビールを飲みながら思う。

 

 

旅ってすごい。
こんな平凡なノリとユキでさえ
毎日、ブログで書ききれないほどのネタができる
ただ、お金を換金してご飯を食べるだけの話
でも、外国ではうまくいかないことの方が多い
逆にスムーズに出来る方が少ない気がする
旅は予想外の連続だぁ

 

 

住み慣れた日本にいたら感じられない
当たり前にできる事の大切さにすごく気づく
そして逆に、できない事が多いとワクワクしてくる
頭フル回転、生きるために知恵を絞る

 

 

 

慣れ親しんだ場所では感じることのできない
旅には旅の楽しさがそこら中に転がってるのを感じた
毎日が冒険、毎日がチャレンジ、毎日が勉強。
旅をしている間、同じ日なんてない1日たりともない。

 

 

 

僕らが足を止めない限り。
どこまでも僕らは楽しませてくれる、
僕らが足を止めない限り。

 

 

それが”旅”なんでしょうか?w

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.