僕らのドレスがウユニのホテルで展示されることになりました!

 

はいさい!
リアルタイムはチリ最北端のアリカ!チリでは1.5Lのワインがなんと300円代!しかも安いだけではなく、味が美味しいという♪気づけば二人で1.5Lをあっという間に飲み干してたなぁ。。。w久しぶりに気持ち良くほろ酔い気分のユキとノリです。チリありがとう。

 

 

 

世界一周ブログに参加しています。
最近グイグイランキングが上昇中!
みなさんのおかげです!
この勢いで宜しくお願いします!!
クリックがポイントとして加算されランキングが上がる仕組みになってます!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ウユニ3泊目、
僕らは違う宿に移動した。
場所は、『Hostal Reina del salar』というところ。※詳細は、後日別記事で☆

 

 

僕らは、ウユニに来る前に決めていたことがある。
それはユキが日本から持ってきた二つのウェディングドレスの一つと、ここでお別れすること。
ウユニ塩湖で着終えたウェディングドレスはウユニ塩湖の塩でカピカピ。濡れ濡れ。
今後使うためにはしっかり洗う必要があった。事前にウユニ塩湖でウェディングフォトを撮影した後のウェディングドレスがどんな状態になるか調べていた僕らは、ここでウェディングドレスとお別れすることを決めていた。(何より持ち運びが重いから軽い方をこれから持ち運ぶことにした)
それがこの状態。。。

 

IMG_3235
くるくるされて部屋の隅に追いやられている美しかったドレス。無残・・・泣
このドレスともたくさんの思い出がある。
初めて来たのは木登りウェディングの時だった、

 

IMG_1451
それからオーストラリアカールトン庭園♪

IMG_2854

 

 

 

さらにブラジル・サンパウロ♪

IMG_4356

 

一緒に旅をした7ヶ月本当にありがとう。(めっちゃ思い出があるから捨てられない・・)
もったいないけど、ここウユニでゴミ箱へ・・・・泣く泣くホテルのオーナーにこのドレスを処分して欲しいと伝えに行った。
オーナーに
ノリ『僕らが持ってきたドレスを処分したいのでどうしたらいいですか?』と尋ねると。

 

 

 

オーナー『大丈夫、問題ない!部屋に置いとぃ・・・ん・・?(数秒して・・)ちょっと見せてもらっていい?!』
ノリ『あっ・・はい!』

 

 

僕らはオーナーを部屋まで連れてきた。
ノリ『このまるまったドレスを捨てたいんです。』

オーナーは前のめりに
オーナー『何で捨てちゃうの?(と、まるまったドレスを広げ)綺麗じゃないか!』

 

 

ノリ『確かに綺麗ですが・・ウユニ塩湖で使ったので下の方とかカピカピで・・(何より荷物になるんです・・・w)』

 

オーナー『このドレス僕にくれないか?』

 

 

 

ユキ&ノリ『ええぇぇぇ〜(予想外の言葉に)』

スクリーンショット 2016-08-17 23.36.55
オーナー『このホテルに飾らせてもらいたいんだ!二人のドレスを!』

 

 

予想外の言葉に戸惑いながらも答えは間違い無く『YES!!』

 

 

 

 

僕らが使い終わったドレスがゴミ箱じゃ無くてホテルに飾られる・・そんな嬉しいことこの上ないです!!
なんだ!?
なんだ!?
この展開!!
まるで“トイストーリー3”みたいな展開だ!焼却炉へ連れて行かれた主人公ウッティー達がぬいぐるみは持ち主が大人になると捨てられる?という恐怖を味わった後、最終的にお下がりというなんとも心温まるクライマックスになったあのホッとする感じと嬉しい感じと一緒だ!

 

 

 

 

 

もしドレスさんが生きていたら

 

『私ゴミ箱行きか・・泣』
からの
『私ずっと飾ってもらえるようになったよ!』って喜んでます!
間違い無く喜んでます!!

 

 

間違い無く!

 

 

 

オーナーさんありがとうございます。
ホテルはここです!!
Hostal Reina del salar
Avenida Potosi #19 , Uyuni, , ボリビア
+59126932080

スクリーンショット 2016-08-22 21.04.43
僕らのウェディングドレスが飾られる予定のホテルです!もしよかったら現地へ行った際には見に行ってください!オーナーさんとfecebookで友達になったので飾った時写真を送ってくれるみたいです。(ワクワク)

 

 

さらにお願いされ白い画用紙に口コミを書きました。一生懸命書いたので現地に行った際にはよろしくです!

IMG_3238
でも本当によかった。
捨てるというのに抵抗のあった僕ら
オーナーさんのおかげで最高の貰い手を見つけることができました。嬉しい限りです。(ドキドキ)

 

 

 

”ウユニに5泊した僕らは次の国へ舵をとる”

ウユニに5泊もした僕らも、そろそろ次の国への進路を決めるときがやってきました。(5泊いたのも全て僕の治療のため・・・汗)
指定された三本の注射をしっかりやり終え!イケメンドクターと最後のお別れをした。

 

97105
ありがとうございました。
治療を終え準備万端なユキ・ノリ一行は更なる国へコマを進めるのです。

 

 

 

次の国へのプランはいくつかあって。
ボリビアから南下してチリのサンティアゴへ!目的はイースター島でモアイを見るため♪
イースター島を諦め、ボリビアからチリの星空が世界一綺麗と言われる”アタカマ砂漠”に抜けるプラン。

 

ブラジルにいた時から、ず〜っとイースター島のモアイがみたかった僕。何度もチケットを買おうとしたけど、いつもチケットを買う気持ちを邪魔するのがやっぱりイースター島への航空券の高さだった。
事前に、イースター島のチケットを買う時の裏技(普通に買うより安く買う方法♪)を知っていた僕らでも二人の往復のチケットを買うと12万〜8万前後する。旅中の僕らからしたらこの額はすごく考えてします額なのです。
いや・・・でも行きたい。でも・・の繰り返し。

 

 

モアイと一緒にウェディングフォト撮りたい
モアイと一緒にモアイみたいな顔して写真撮りたい・・とボリビアに来てもず〜っと二人で悩んでた。・・・ら!

 

 

 

この悩みを一瞬にして解決してくれた美女達がいた!w
それはウユニツアーに一緒に参加したトモちゃんと、ルミコちゃん。
ボリビアから次どこの国へ移動するか話した時、イースター島への悩みを相談したら

 

 

『あっ!モアイなら宮崎に普通にいますよ♪』

『ほらぁ〜(と、スマホでモアイの写真を見せてくれた。)』

 

 

 

そこにはイースター島の写真と本当に大差のないほどしっかりしたモアイ像達が・・・
(僕は、イースター島へ行きたいのか?それともモアイさんに会いたいのか?)
僕の心は”単純にモアイさんに会いたいだけだった”

 

 

僕らの答えは、
『イースター島へ行かず、世界一周を終えた後、宮崎のモアイさんに会いに行こう!』だったw

 

 

プラン①のイースター島が僕らの頭の中から消えた。今まで悩まされていたイースター島問題から解放された!まさか日本にモアイさんがいただなんて!考えもしなかったよ
ありがとう!!トモちゃん、ルミコちゃん!!
イースター島へ行くという考えから解き放たれたユキとノリは新しいプランを考えついた!
プラン③!!

 

 

ボリビアから夜行列車でアルゼンチン!
アルゼンチンからチリ・アタカマ砂漠へ移動しペルーへ北上する!!
旅始まって以来の夜行列車に二人ともテンション上がりまくりで即決!僕の治療が終える日に合わせて列車のチケットを購入した。
(ネットでも購入できるみたいなんですが、ネットよりも実際に窓口で購入した方が確実だという情婦があったので現地購入を強くお勧めします。)

 

 

 

夜行列車のため列車の出発は真夜中の26時。極寒の中外で26時まで列車の到着を待つのはたぶん無理だと判断しこの日もったいないけど宿を予約し26時にチェックアウトすると宿のオーナーに伝え。夜中にチェックアウトして駅までむかった。
想像以上に寒い外。
久しぶりに全ての荷物を担ぎ、ドレスがない分少し軽い荷物にちょっぴり寂しさも混ざりながら事前に買ったチケットを眺めながら旅始まって初めての夜行列車を待つ僕ら。

97101

夜行列車キターーーーーー!!!

97099
夜行列車が到着し意気揚々と初の夜行列車の中へ乗り込もうとしたら・・・

97098
何者かが僕らの行く手を阻む・・・・
一体なんなんだ!???

 

 

 

チケットを見せ乗客だということをアピールしてもダメ・・・!??
僕らの乗車を止めたのは駅員さんだった。
彼曰く『この先の駅でこの電車は止まる。国境街、ヴィジャソンまではいけないんだ・・・』

 

 

 

ユキ&ノリ『えっ!????』

スクリーンショット 2016-08-17 23.36.55

 

 

夜中の26時
果たしたユキ&ノリ・・・どうなる!??

 

 

 

 

 

 

続きは明日!
最後まで
読んでくださりありがとうございます

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑

 

 

世界一周ブログ村ランキングに参加しています
クリックまだな方はよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

僕らがよく使う世界のホテルが予約できるサイトです。ここで予約していただくと僕らにアレが入るのでもしよかったらお願いしますw

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です