ブラジルで秋田犬の可愛さに心奪われる

 

みなさんおはようございます(^^)
最近ブログの書き方について悩んでいるユキです。

 

きのうノリがブログでも書いたように
私、一つの記事を書くのに時間がかかりすぎるんです(;;)
一記事書くのに対して早くて3時間!!笑
遅くて4〜5時間…

 

今は何もすることがないからいいけど
旅を始めたらそういうわけにいかない。
旅してるのに貴重な3〜4時間をパソコンと向き合うなんて考えられない!
どうにかしなきゃ(><)

 

リアルタイムじゃないし、乏しい記憶を辿りながら書いてるからというのもあるのかな…

 

他の人気ブロガーさんって本当にすごい。
有名な旅丸SHOさんなんてもう地球3周目で旅を始めてから3年?だったかな?
だというのに、スタートしてから毎日欠かさずに更新してるんだって。
しかも文章も短くないし、内容も面白い。
みんなどうやってるんだ〜!

 

それまでは文章を書くっていうのに結構自信があったのに
ブログを始めたら時間はかかるは
言いたいこと伝わってるのかわからないわ。
かなり自信喪失。

 

どうしたら楽しいブログを短時間で書けるようになるもんかの〜(とと姉ちゃん風)

 

でも、そもそも世界一周をするにあたり
なんでブログを書こうと思ったかって
海外にあんまり行ったことのないお母さんや仲の良い友達たちに
私がしてること、見たこと、感じたことを伝えれたらなぁという思いからだったの。

 

だから時間がかかっても、毎日続けるのが大変でも
楽しみに待ってくれてる人がいる限り
頑張って書いちゃうよん♬
(少なくとも私とノリのお母さんは毎日読んでくれてるからね。笑)

 

料理と一緒だね。
準備したり作ったりするのは手間暇がかかってすごく大変なんだけど
食べるのも、読むのも一瞬。

 

それでも美味しかった〜、楽しかった〜
って一人でも心に残ればいいっかな、という思いで
これからも頑張っていこうと思います(^^)
(けど欲を言えば一人でも多くの人に読んで欲しいのが本音(/ω\)

 

 

今日も頑張りますので
応援クリックよろしくお願いします\(^o^)/
\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

おじいちゃんのお話

私のお母さんは大家族です
おばあちゃんは11人もの子供を産みました。
そこで凄いのは私のおじいちゃん!

 

実は長男が生まれるとき家に助産師さんを呼んだのを最後に
それ以降、10人もの子供をおじいちゃん自らの手でとりあげたのです!!

 

信じられない!!!

 

私のお母さんの年の離れた兄弟曰く
ばぁちゃんが産気づくとじいちゃんは
お湯を沸かしたり毛布をたくさん用意させたり
へその緒を切るためのハサミを火にかけて消毒したりと
かなり手馴れていたんだとか。

 

す、すごい。
一人目の時の助産師さんの行動を見て学んで、二人目以降その通り自分で実行したんだ…

 

こんな話を聞くと
「出産立会いとか無理!」
なんていう人がいるのが残念でたまらなくなります(;;)

 

そしてお産が終わると今度は
家畜の鶏を一匹殺して、精が出るようにと鶏一匹丸ごと入った鍋料理を毎回ばあちゃんに振舞っていたのだそう。
なんて愛のあるじいちゃんなんだ…。

 

ものすっごい昔話のように感じるけど
これが私のお母さん世代の話だというから驚きです。

 

私のお母さんが18歳の時にじいちゃんは交通事故で亡くなってしまったので
私は会ったことがなく聞いた話でのじいちゃんしか知りませんが
ブラジルに来るたびにつくづく思う。
そんな武勇伝のたくさんあるおじいちゃんに会ってみたかったなぁって。

 

日系ブラジル移民の昔ながらの生活

ある日、餃子が作りたくてニラが必要になったので
「うちに生えてるよー」という友達の家に遊びに行ってきました。

 

その友達は、私のいとこの恋人で
私と同じ、日系移民のおうち。

 

街の中心部からはかなり離れたところにあるそのおうちは
おうち、というかなんというか。

 

もうめちゃくちゃ広い「東京ドーム何個分?!」くらいの敷地の畑があって
その敷地内に家もあるかんじ。

 

おうちの庭には何匹いるんですか?くらい犬と猫がわんさか。

 

秋田犬もいたよ♡

 

95195大人しくて白くてもふもふでめっちゃ可愛かった♡

 

この子性格が優しくてすんごくお利口さんでもうメロメロになっちゃいました!
ふわっふわで、ぎゅーってしてもワシャワシャしてもずっと大人しいの!

 

日系人の中では「AKITA」と呼ばれて、結構人気のある犬種みたい(^^)

 

それで、ニラをもらうついでに畑にみんなでお出かけしました。
そしたらまたびっくり。
もう庭の畑が家庭菜園の域を超えてる\(^o^)/

 

挙げだしたらキリがないほどの野菜や果物。

 

レタス、ねぎ、トマト、きゅうり、にんじん、玉ねぎ、みかん、レモン、パパイヤ、バナナ、オクラ、ルッコラ、ケール、キャッサバ、にら、大葉、更には胡椒まで!

 

95196生の胡椒なんて初めて見た

95197一生懸命ニンジンをひっこぬく子供たち

95198キャッサバ芋もみんなで収穫

95201フルーツがなっているというので木登りを始める大人

95199そして採れたのは得体の知れない果物。笑

 

 

それに家畜の鶏までたくさんいました。
卵も食べ放題ですね。

 

95200コケコッコー

 

きっと肉を買う以外は自給自足で行けるんじゃないかと思うくらい
野菜、果物が豊富になっていて、自給自足にも興味のある私たちは尊敬の眼差し✨

 

日本からブラジルに渡った移民たちは
今でこそその子孫たちはお医者さんになったり会社を持っていたりとお金持ちな人が多い。
けど昔は農業一本で食べていく家族がほとんどだった。

 

これが昔ながらの日系移民の暮らしなのかなぁ。

 

畑を持ち、畑仕事をしながら家庭菜園で野菜を育てて自給自足の暮らしをする。
私の母もこういう風に育ったのかな、私のご先祖様もこうやって努力してこんな風に生きてこられたのかな。
そんなことを考えた1日でした。

 

仕事用の畑にはトウモロコシ。
どこからどこまでが自分ちの畑なのか把握できなさそうなくらい広い。

 

95202

 

95203

 

しっかり、ちゃっかりニラももらって帰ってきました(^^)
なので夜は餃子パーティーです♬♬

 

2kgの豚ひき肉を買ってきて私が肉の味付けをして
皮を包むのはみんなで。

 

ブラジル人のお友達たちはギョーザ初体験。
丁寧に包んでもらいました。

 

ちなみにギョーザの皮はこっちには売っていないので
Pastel(パステウ)という軽食の皮で代用。

 

95206パステウ。よく揚げ餃子みたいと表現されます。

 

黙々と餃子を焼き続け、出来上がり。
もはや餃子マスターです。

 

95205ジャンボ餃子並み。

 

みんな美味しいおいしーって食べてくれてよかった(^^)
日本で働いてたことがあるいとこたちは

 

「ブラジルに来てこんな日本と同じ味の餃子食べたの初めてだよー」

 

とベタ褒めしてくれたので嬉しくて、その三日後にまた作っちゃいました。笑

 

変わったものを見ると食べたがらない子供たちも

 

95204

 

パクパク。おいしいね。

 

さすがは日本のギョーザ。ブラジル人にも大好評でした!!(^^)

 

おわり

 

読んでいただいてありがとうございます(^^)
ブログランキングに参加してます。
下の写真をクリックすると私たちにポイントが入る仕組みです。
クリックするだけ、ただですよ!笑
みなさん良い週末を♬
\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です