日本パスポートはやっぱり強い。ブラジル人はアメリカビザ申請にUS$160お支払い。

 

こんにちは!

リアルタイムはブラジル・ミナスジェライス州にいます。

時期的には“真冬”とのことですが、朝晩以外はノースリーブでも問題ないくらい暖かく

過ごしやすい気候にかなり癒されています。

やっぱり寒いとこより暖かいとこが好きだなぁ。

 

 

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただくと私たちにポイントが入る仕組みです。
モチベーションに繋がってます!
応援のほどよろしくお願いします(^^)
\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

それはまだロンドリーナにいた時のこと。

日本にいるお母さんと電話で話していると

「あんたアメリカ行くならビザどうするの?」

と言われました。

 

 

アメリカビザ!!!

 

 

すっかり忘れてた。。。

お母さんナイスです。

サンパウロに行く前のタイミングで言ってくれてよかったぁ〜。

ありがとう(><)

 

 

というのも、サンパウロの後はミナスジェライス→サルバドール→リオデジャネイロと色々動き出す予定でいたし、アメリカ領事館に行ったりできる時間も今回のサンパウロがラストチャンスじゃないかなと思ったから。

 

日本人だとESTAだかETASだか知らないけどWEB上で簡単にビザがおりるんだよね?

ブラジルはここでもやっぱり面倒くさいビザ申請が必要になります。

普段日本で生活してる分には何不自由なく、日本人と何ら変わりなく生活できるんだけどなぁ。

こういう時になると、やっぱり日本のパスポートが欲しいなぁと思う。

日本人として生まれたそこのあなた!

あなたは生まれた時からすでにラッキーなんですよ〜〜〜?笑

 

 

面倒くさがりな私は、あることを決めていました。

 

「サンパウロのいとこにビザの取り方を聞こう!」

 

Takaという私のいとこは、数年前アメリカにカイロプラクティックを学びに行っていたことがあってアメリカには少し詳しい男の子。

どうやってビザとったの〜?

なんて聞くと、正確にちゃーんと答えてくれました。

おれのパソコンでやってみよう!と言って、最初から最後までぜーんぶ手伝ってくれました。

 

 

このブログを読んでいる人からするとつまらないかもしれないけど、ブラジル人の私がどうやってアメリカ観光ビザ(B1/B2)を申請したのか、今日は書かせていただこうと思います。

私みたいに日本に暮らすポル語が苦手な日系ブラジル人のためになればいいな。

 

アメリカ観光ビザ申請手順

Online Nonimmigrant Visa Application (DS-160)で必要事項を入力する。

スクリーンショット 2016-07-10 午後10.54.23

START AN APPLICATION から始めてください。

 

⑵ビザ申請料U$160のお支払い

日本円にして約16,000円?痛すぎる〜(;;)

ちなみに日本パスポートだとたったのU$14(約1400円)

やっぱ日本パスポート強ぇ〜。

私はクレジットカード払いを選択。

 

 

⑶写真撮影日と、面接日の予約

CASVというところに行く日と

アメリカ領事館での面接があるので、その日取りを決めます。

混んでる時期だと予約自体がすぐに取れなかったりするみたいだけど、今回はラッキーなことに二日後に予約ができました!

 

 

⑷必要書類の用意

Taka曰く、ビザを確実にゲットするために資料は集めれるだけ集めるのがいいとのこと。

今回私は*日本の在留カード*銀行の残高証明(ネットバンクから印刷しただけ)*日本の職場の情報(サイトをプリントアウト)などを集めました。

アメリカに渡るブラジル人の中に、母国へ帰らず不法滞在する人が多くいることから、アメリカ側は帰国することを裏付ける資料があればあるほど信頼してビザを発行しやすくなるそうです。

 

 

⑸予約した日に「CASV」という場所に行ってビザの顔写真と指紋を採取しに行く。

予約日が記載されてる紙をプリントアウトし、パスポートとともに「CASV」へと持って行く。

ちなみにサンパウロのCASVはここ。

住所: Av. José Maria Whitaker, 370 – Vila Mariana, São Paulo – SP, 04074-010

 

この日は空いていて、5分で帰ってこれました。ラッキー♬

 

⑹予約した日時の5分前くらいまでにアメリカ領事館へ行く。

 

面接当日の持ち物

①パスポート
②面接日時を予約した時にプリントアウトしたバーコードのついた紙
③ビザ申請料を支払った時にプリントアウトした紙
④銀行の残高証明など、プラスαで用意した資料たち

 

これらを何度も不足してるものがないか確認し、いざアメリカ領事館へ!

 

 

今回サンパウロにいたので私たちはサンパウロ市Morumbiという町にあるアメリカ領事館へ。

面接予約時間は12:20、家からは1時間半の道のり。

それでも余裕を持って9:45には家を出発。

96288

バスに乗ってメトロの駅まで行き、地下鉄を乗り継いでやってきましたMorumbi駅。

ここまでの行き方までTakaが事前に調べてGoogle Earthまで使って丁寧に説明してくれました。笑

おかげで迷うことなくスムーズに来ることができました!

 

96289

駅を出たらOUTBACK(有名なステーキ屋さん)があるから右折してねって、そんなことまで教えてくれるんだよ〜。

マジで親切です、私の親族。

 

駅から15分くらい歩くと人の多いところが見えてきました。

S__5464069

アメリカ領事館です。

 

アメリカ領事館でのルール

中にはビザを申請している人以外の立ち入りが禁止されています。

なので一緒に来ていたノリは外で待つことになります。

Takaが以前申請しに来た時は、6時間もかかったそう。

ひえ〜。

さすがにそんなにはかからないと思うけど、終わったら駅前にあるショッピングセンターのフードコートで落ち合おうねと約束してノリとバイバイしました。

 

 

カバンも持ち込み禁止。

電子機器も持ち込み禁止。

「携帯電話は預けるカウンターがあって、引き換えの番号札をもらいます」

みたいな情報をネットで見たので堂々と持ち込んでいたらなかなか預けるところが出てこなくて、しまいにはX線チェック(飛行機に乗る前のやつ)まで行って

「携帯電話は持ち込み禁止。領事館を一回出て外にあるロッカーに預けてきてください。」

って言われて最初からやり直し。

ここに来るまでに20分近くかかったのにー笑

 

幸い外に出るとノリがまだショッピンに移動せず待っててくれました(^^)

携帯電話をノリに預け、再度一からやり直し。

よく見たらこんな看板があるし。

S__5464071

私のばかたれ!

 

面接官にたどり着くまでが長く感じて、でも時間にしたら45分くらいだったかな?

電子機器は持ち込み禁止だけど書物はいい、と情報を読んでいたから本を持ってきました。

と言っても私もノリも本を持っていなくて唯一あったのがこれ。

S__5464068

浄土真宗のお話。笑

お坊さんの堅田さんから頂いたものです(^^)

おかげさまで長い待ち時間も、ありがたい話を読んで心安らかに過ごすことができました。

 

 

「面接」と聞いていたから私は日本的な面接をイメージしていた。

個室になっていて、向こう側のテーブルに面接官。

手前に椅子があり、そこに私が座る。

でもよく考えるとそんな時間のかかることやってられないよね。笑

 

実際は、テーマパークのチケットカウンター的なかんじで

ガラス越しに面接官と対話をするというスタイル。

10人ほどの面接官がいて、近づくにつれてビザ申請者と面接官の会話が聞こえてきそうなくらい。

 

 

Takaから聞いた話なんだけど。

ブラジルは貧富の差が激しく、少し肌の色が濃い人だったり黒人さんだったり…少し貧しそうな身なりをしていると「この人はアメリカに留まりそうだな」って判断されてビザが下りなかったりするんだって。

 

実際にTakaの職場(カンフー道場)でも今度団体でアメリカに試合か何かで行くんだけど、ビザ申請をみんなまとめてしたのに、数人の肌の色が濃い目の方たちはビザがおりなかったんだって。

 

犯罪歴があるわけでもなく、ただ見た目で判断されるのってたまったもんじゃないよね…。

 

その話を聞いた時は胸が苦しくなったけど、今はそれよりも自分が日系人であるだけで信用度が増すことに感謝をしよう!そう思いました。

 

 

 

「あの面接官は早口で英語をしゃべるなぁ…」

「あ、あの面接官はにこやかで優しそうだなぁ」

「うわっ、あの面接官は厳しそうだな」

 

という風に、あの人に当たるといいなぁなんて面接官の顔色を伺っていると

あの人には当たりたくないなぁ、と思っていた怖そうな面接官の列に並ばされた。

 

「アァァァァ。ダメかも。」

 

そんな風に思ってしょんぼりする私。

けど、そんな気持ちを悟られないように緊張してるそぶりも見せないように努めました。

私は実際やましいことはなく、ただ観光しに行きたいだけ。

 

そして私の番が来た!

 

面接官とのやりとりはこんなかんじ

「こんにちは、お元気ですか?」

『こんにちは、宜しくお願いします。』

 

「アメリカのどこに行きますか?」

『ニューヨーク辺りです』

 

「そのままアメリカにいますか?」

『へっ?!』

 

「日本に戻ります?それともアメリカに残ります?

(不法滞在するかどうか聞いてるのか。めっちゃ直球で聞くんだなぁ…)
『まさか!旅行だけしてすぐ日本に帰りますよ!』

 

「日本では何をしていますか?」

『両親とともにホテルで働いています。』(本当は無職)

 

「ご両親はホテルを経営されているんですか?」

『経営はしていないですけど、22年間働いていて非常に信頼されています。』

 

「日本で生まれたんですか、それとも何歳の時に日本に行ったんですか?」

『8歳で日本に行きました。』

 

「アメリカで何をする予定ですか?」

『婚約者と一緒にルート66を横断したいです。』

 

「婚約者もブラジル人ですか?」

『日本人です。』

 

「婚約者は何の仕事をされていますか?」

『今は無職です!』(正直に言っちゃった笑)

 

このくらい聞かれて、最後にこう言われました。

 

「Seu visto foi aprovado. Boa viagem.」

 

aproivadoっていう単語が理解できなかったけど

Boa viagem.=良い旅をって言ってくれた!

これはきっとビザOKっていう意味でしょう!!!

 

やったーーー!!!

 

あんなにたくさん用意してた資料、何一つ提示を求められることなく…

私が日系人だから?

日本に職があるから?

日本人の婚約者がいるから?

それとも私が間違ったことしなさそうってわかってくれた?笑

簡単にビザをゲット!!!

日本さまさま!!!

 

 

 

それまではビザおりるかなぁってナーバスになってたけど一気に肩の荷が下りた感じ。

嬉しくて小走りになって領事館を後にする。

早くノリに会いたい!

これで夢のルート66横断叶えられるよーって早く伝えたい!

ニヤニヤしながらダッシュしていると私を走って追いかけてくる足音が聞こえてきた!

なに?怖っ!と思って振り返るとノリだった。笑

 

映画の感動の再会シーンのごとく走ってジャンプ抱きつきしてビザいけたよー!の報告をするとノリも一緒に喜んでくれてなおさら嬉しくなったよ(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾

 

興奮冷めやらぬ感じでお腹も空いたのでホットドッグのワゴン車でランチ♬

96287

 

96286

 

96285

 

ホットドッグ二つと缶のコーラ一つで合計20レアル(約600円)

美味しかった〜!

 

いとこのTakaは

「面接が終わったらすぐに電話してね!」

って言ってたけどなぜだか電話がかけられず(プリペイド式なのでチャージ切れかな?)

それで家に帰ると真っ先に飛んできて

「ユキどうだったの?!」って…。

 

ちょっとのいじわる心が芽生えて、しょんぼりした顔をして何も言わなかったの。

そしたらそれを察して(演技なんだけど)

なぐさめにかかろうとした時に

「嘘だよー!ビザいけたよ〜!!!」

ってバンザイしたら

「やったーーー!!!」

って私に抱きついて、ハグしたままぴょんぴょん飛び跳ねて喜んでくれた(^^)

 

WEBで入力するところから、一緒に必要書類を集めるところから、面接の時のアドバイスから、領事館までの行き方から…

 

最初から最後まで真剣に手伝ってくれて

たぶん私本人よりも心配してくれてたTaka。

 

どこまで優しいんだろうか(;;)

 

その夜、自分がアメリカに行くわけではないのに私よりも興奮していて

「おすすめの場所教えてあげる!」

「アメリカ!アメリカ!アメリカ!ふ〜〜↑↑」

「ユキ、ノリ。ここは最高だから絶対行った方がいい!」

とか言いながら自分がアメリカで撮った写真たちを丁寧に説明しながらたくさん見せてくれた(^^)

 

今回のビザのこともそうだけど、サンパウロにいる間たっくさんたくさんTakaにお世話になった。

仕事もしてるのに平日でも構わずいろんなところにも連れて行ってくれた。

今は何もしてあげられないけど、約束してる通り日本にきてくれたら100%全力でおもてなしさせてもらうからね。

 

 

 

そして5日後くらいに郵便で、ビザが貼られたパスポートが届きました。

嬉しい(^^)

私一人の力じゃこんなスムーズにビザは取れなかっただろうな。

本当に感謝。

 

この感謝の気持ちを胸に、夢だったルート66横断してきたいと思います(^^)

予定では10月。

待ってろよーアメリカ!!!

 

 

読んでいただきありがとうございます。
最後にポチッと応援していただけると嬉しいです(^^)
よろしくお願いします♬
\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

私たちがオーストラリアとバリに宿泊した時に利用したサイトです。
夏休みの計画はぜひこちらから!笑

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です