初の陸路国境越えで失敗!そしてお父さんお母さんとブラジルで再会

 

みなさんおはようございます(^^)
リアルタイムブラジルは冬本番
夜中になると氷点下まで気温が下がり震えあがっております。
最近は寒いので、シングルベッドに二人ぎゅーぎゅーで寝ております。
何が辛いって、こんなに寒いのに暖房器具がないことなんだよね(;;)
こんなに寒くなるなんて聞いてないよ〜!

 

日本は梅雨真っ只中?
気持ちだけは晴れやかに
元気にお仕事行ってらっしゃ〜い\(^o^)/

 

ブログランキングに参加してます。
応援してあげる!っていう心優しい方は
下の写真をクリックお願いします(^^)
\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
クリックすると私たちにポイントが入る仕組みです。
ありがとうございます♡

 

超ガッカリのおんぼろバス

ブラジルビザを取得し、ようやくブラジルに向かいます。

 

次に向かうのはパラグアイ・シウダー・デル・エステ。

 

バスターミナルでチケット売りのお兄さんたちが私たちにくっついて離れません。
こっちからは何も言ってないのに、どんどん勝手に値下げするお兄さん(笑)

 

正確にいくらだか覚えてないけど
他の会社より結構安かったので
そのお兄さんからチケットを購入しました。
(これがのちに後悔することに…)

 

バスが来るまでは人間ウォッチング。
パラグアイはブラジル人の中では
「南米の中国」と言われていて、パチもん天国。
物価もブラジルより安かったりするので
ブラジルから車でパラグアイまで色々買い付けに行ったりもするみたいです。

 

物売りの人がわんさかいるわいるわでびっくり\(^o^)/
食べ物・飲み物・グラサンとかはわかるんだけど
スマホとかまでバスの乗客に声をかけて売ろうとしてた!

 

スマホってそんなお手軽感覚で買っていいものなの?笑

 

隣にいたおばさんが美味しそうなパンを売っていたので
小腹が空いた時のために買ってみることにしました。

 

94989右下に写ってるコレです

 

すごくずっしりしていて腹持ちGOOD
味はポンデケージョ(チーズのモチモチした丸いパン)に似てて美味しかった\(^o^)/

 

94685食べかけでごめんね〜!

 

そして私たちのバスが到着しました。

 

S__4743172

 

えっ、これ?!
なんかめっちゃボロくない?!笑

 

安いのには理由があるってもんなんだね(;;)
これに乗って長距離移動とか不安しかない!笑

 

S__4743174運転席

 

長距離バスの運転席がこんなんって、どんなだよ〜!笑

 

しかもまさかのクーラーなし!!!
この時期のパラグアイ、灼熱です。
東京の真夏のジメジメした暑さと変わりません。
チケット買った時、トイレがあるかしか確認しなかった私バカたれ!
だってこんな暑いのに長距離バスにクーラーがないとか考えられんかった〜(;;)

 

S__4743173コーラも即効ただの黒い砂糖水へと変身

 

座席に座った瞬間舞い上がるほこり。
ボフッ、ふわ〜。です。
汗をかいた体にほこりがくっつく感覚。

 

いや、マジ無理!!!
これ絶対一回も掃除してないよねこのバス!!!

 

文句タレタレ\(^o^)/

 

私でさえこうなんだから
潔癖のノリはもっと嫌だっただろうなぁ…。

 

窓全開にしても入ってくるのは埃っぽい熱気。
座って移動してるだけなのに汗が止まりません(;;)

 

これさすがに寝れんわ〜
なんて言ってブーたれてた私ですが
やっぱり秒で寝てたらしい。

 

どこまで強いんだ。私。

 

そして不安は的中。
何もないところで突然止まるバス。

 

どうしたどうした?とざわつく車内。

 

バスから降りる運転手さんたち。
整備道具を手に持ってます。

 

「え、まさか…」

 

はい、バスの故障でた〜(;;)

 

乗客にはなんの説明もないまま
30分近く修理を進める運転手さんたち。

 

走っていても暑い車内は
風も入らず蒸し風呂状態。

 

う〜苦しい〜暑い〜。

 

それでやっと走り出したと思ったらしばらくしてまた停車。
また修理。
ついてない。とほほ

 

でも汗だくのどろんこになって修理をする運転手さんたちの姿をみると
なんだか切なくなりました(;;)

 

けど一言説明くらいあってもいいよねー?!
って思うのも、きっと私たち日本人くらいなのかなぁ?

 

初の陸路国境越えで失敗

そんなことを繰り返しながら
予定時間より大幅に遅れてシウダーデルエステに到着。

 

ここからは、タクシーを使って
パラグアイ⇆ブラジルの国境を超えます。

 

そしてブラジルのフォスドイグアスのバスターミナルまで連れてってもらいます。

 

94684バスを降りるとすぐにタクシー乗り場がありました

 

運転手さんに事情を伝え、最初にブラジルのイミグレに寄ってもらいます。

 

「ブラジルのイミグレでいいんだな?」

 

確認するかのように力強く聞いてくる運転手さん。

 

時刻は18時すぎ。
ちょうど帰宅ラッシュと重なり、国境付近は大渋滞。

 

ブラジルのイミグレで降ろしてもらい
入国スタンプを押してもらいます。

 

S__4743171イミグレのお姉さんの対応が雑すぎてイライラしてるユキの図

 

それで無事ノリのパスポートに入国スタンプを押してもらい

 

いえ〜い、ついにブラジル入国だぜやっふ〜〜〜!!!
なんてはしゃぎながらタクシーに戻ろうとした時に気付いたんです。

 

「あれ、パラグアイの出国スタンプ押してなくない?」

 

・・・・・・・・

 

そうだよね、普通気づくよね。
入国スタンプの前に出国スタンプが必要ってね。

 

それをタクシーの運転手さんに伝えると
あからさまにお前ら何やってんだよ〜って顔されました。笑

 

「パラグアイのイミグレは今来た道を引き返して
川のず〜っと向こうだよ。
俺聞いたじゃん、ブラジルのイミグレで間違いないのかって〜。」

 

って。笑
ブラジルのイミグレでいいんだなって聞いてたのはそういう意味だったのかとここで理解。笑

 

だっておじさん、私スペイン語なんとなくでしか理解できないんだよ〜(;;)

 

「渋滞ひどいから時間かかるぞ?
俺はいいけど、お前たちは大丈夫なのか?」

 

と。

 

確かに国境を越えてブラジルのイミグレにたどり着くまでに15分くらいはかかった。
この渋滞だと戻るのに30分はかかるかも。
また戻ってまた連れてってもらって、ってしたらタクシー代も高つくよなぁ。
別にパラグアイに戻ってくることなんかないし、出国スタンプなくても問題ないのかも。

 

一瞬そんな考えがよぎりました。

 

けど出国スタンプがなくてのちのち問題になるのはもっと嫌だ!
間違ったことをするのは嫌だ!
私、ビビりやもん!笑

 

運転手さん、面倒かけるけどもっかいパラグアイまで戻って!

 

こうして二度手間の二度手間
国境付近のバタバタ劇が繰り広げられたのでした(/ω\)

 

だってさ、だってさ…

 

陸路での国境越え初めてやったんやもん(/ω\)
今までは飛行機に乗る前にイミグレを通って出国スタンプ押してもらって
飛行機を降りたらイミグレ通って入国スタンプ押してもらって。
空港内だと自分が進む道って看板の矢印通り進めばいいだけだけど
陸路だと自分で判断して、自分の足で進まなきゃいけないんだよね。

 

ふむふむ。勉強になりました。

 

結局1時間くらいかけて往復し、フォスドイグアスのバスターミナルに到着!

 

運転手さん、どうもありがとう!

 

ゴール、ばぁちゃんの待つロンドリーナへ

フォスドイグアスからばぁちゃんのいる町ロンドリーナ行きのバスを探します。
幸い一社のみ見つけることができました。

 

日本円にしたら約4000円。
高いけど仕方ありません。

 

スクリーンショット 2016-06-13 午前0.31.47

 

そうそう!
今回私たちはロンドリーナを目指しますが
ここフォス・ド・イグアスからはサンパウロ行きのバスもたくさん出てます。

 

パラグアイでブラジルビザを取得して
イグアスの滝を見てからサンパウロもしくはリオデジャネイロに向かう人はここからバスが出てますので参考までに…(^^)

 

さっきまでいたシウダーデルエステという町から数kmしか離れてないのに
ここはもうブラジル。
聞こえてくる言葉がスペイン語からポルトガル語に変わり
一気に安心感が芽生えたのを覚えています。
島国日本では感じられない感覚です。

 

94984ブラジル長距離バスを代表するGARCIA社

 

昼間に乗っていたバスがオンボロすぎたので
普通レベルの長距離バスが超豪華に見えました。

 

あいにくギリギリにチケットを購入した私たち
隣の席が空いてなくて、離れてしまいました。

 

いつも通り寝てたらあっという間に目的地に着いたので問題なし(^^)

 

94985綺麗な朝日が私たちをお出迎え

 

ロンドリーナに到着しました。
ロンドリーナはパラナ州に位置する大きな街。
私の父、そして兄の生まれ故郷です。
(母は隣町、私はサンパウロ生まれ)

 

ブラジルに戻ってくる時はいつもお世話になるこの街。
長旅を終え、無事到着した安心感がハンパないです(;;)
バリを出発してから実に100時間超え。
ようやく目的地に到着しました!!!パチパチパチパチ

 

しばらくすると、お父さんが迎えに来てくれました。

 

ばぁちゃんが体調を崩してると連絡を受けて
日本から遥々、両親揃って
仕事を無理やり休んでブラジルに飛んできました。
私たちが着いた二日前に到着したそうです。

 

ばぁちゃんのことは心配だけど
ブラジルでお父さんとお母さんに会えたのが嬉しい。

 

お父さんに会うのは私が日本を出発した去年の11月ぶり。
1年以上会えないと思ってたのに、たったの4か月で再会です。
涙も出ません。笑

 

けど久しぶりのお父さんのハグ、安心感がすごい。
父親は偉大なり。

 

家に連れて行ってもらう途中パダリア(パン屋さん)に寄りました。

 

S__4743170ゆきパパ(63)旅にこブログ初登場

 

このパン屋さんで買い物をしていたら
ばぁちゃんの病院に行く途中だったお母さんも
私たちの姿を見つけてやってきました。

 

まさかのパン屋さんでの再会(笑)

 

会うなり第一声
「Noooossa como voce ta magra~~」
なんでこんなに痩せてるの〜と心配されてしまいました。

 

え、どこが?笑

 

お母さーーーん
今は悲しいくらいぽっちゃりしたから安心してね〜!!笑

 

それにしても不思議。
いつもは私と両親だけだったブラジルの景色に
今は大好きな人も一緒に写ってる。

 

ノリが「ブラジルいこ」って言ってくれてよかった。
ノリのおかげで両親とブラジルで再会できた。

 

明日はばぁちゃんとの再会編を書かせていただこうと思います。
また読みに来てください(*^^*)
ちゃお☆

 

ブログランキングに参加してます。
下の写真をクリックしてくれると私たちにポイントが入る仕組みになってます。
長続きしない私が頑張って書き続けていられるのも
応援してくださる皆さんがいるおかげです!
今日もクリックで応援お願いします!
\\\\ポチッ////
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

Facebookページもお気軽にフォローしてください♬

 

 

 

 

スポンサーリンク




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です