【コーヒー好きにはたまらない・カフェの街メルボルン】ラウンド12日目

 

今日も気がついたら正午を回ってた。
あれ?朝早くからウェディングフォト撮影するんじゃなかったっけ?笑

 

 

さて、Airbnbの宿に泊まっている私たち。
すんごく広くて素敵なおうちなんです!!
住人のオージー男子も和やかな感じで素敵なんです!!
ただ一点だけ…

 

 

台所の洗い物をしてくれないんです…(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
二日前私たちが到着した時にはすでにあった汚れ皿やお鍋などが…
まだそこにステイしてるんです…
私たちもキッチン使いたいのに…
使ったら自分たちのお皿洗いたいのに…
汚れ皿タワーができてて洗うスペースが残されていないんです…

 

Airbnb最近使い始めてすごくいいシステムで気に入ってるんだけど、こういうこともありますよね!
でもカウチサーフィンみたいにタダで人を泊めてるわけじゃなくてお金もらってるんだから、衛生面はしっかりしてほしいな〜なんて思っちゃうのは日本人だけなのかな?

 

今日の予定はウェディングフォト撮影をすること!
朝から化粧をして髪の毛セットして準備に力が入ります。

 

その頃Noriはというと…

女子かっ(笑)
お裁縫です♡裂けてしまったタキシードのズボンの補修をしていたよ。
本当は私がやる〜とか言ってたんだけどね、私何をやっても行動がいちいち遅いみたいなんだよね。
そしたら化粧して髪の毛してとかしてたら、気付いたらNoriが自分でやるって言い出して上手にぬいぬいしてた。かわいい〜笑

 

そして私が化粧と髪の毛セットし終わる前にNoriのズボンが仕上がった。はやっ。
これ修復不可能だよね、とか言ってたのに。結構簡単に直しよった。
デーーーン。

うお〜〜上等!!!笑

 

↓この状態からリペアしたの、すごいねっ!!

あなたいつでもお嫁に行けるよ(笑)

 

でもそんなこんなしてたら気付いたら13時とか回ってて、あれ〜なんか予定と違うな〜ってなって。

 

うーん今日やっぱウェディング撮影やめる。

 

まさかの中止宣言。
なんとなくなんだけど気分が乗らなかったんだよね〜。
でも気分が乗らない時に撮ってもいい写真撮れないからて言ってNoriも賛成してくれたよ。
気まぐれでごめんね。

 

というわけで、きのう本来するはずだった念願のカフェをすることにした!!
きのうミホコちゃんに教えてもらったメルボルンの中でも有名なカフェに行くことにしたよ。

 

途中立ち寄ったお店。
さすがカフェの街、メルボルン。

コーヒーが当たり前のように人々の生活の中心にあるんだろうな。
コーヒー豆やコーヒーの抽出器具など、いろ〜んなものが売られてたよ。
けどこの展示方法はちょっと〜〜〜
空気に触れるとコーヒー豆酸化しちゃうよ〜〜〜!!!

その証拠に、こんなにコーヒー豆が大量にあるのに顔を近づけないと香ばしい香りを感じることができなかった。ここはパフォーマンス重視なんだね!☆

 

カフェに行く前に、昨日は営業時間(?)が過ぎてて入れなかったあそこに行ってきました!

 

セントパトリック大聖堂。
今日は無事中に入ることができたよ〜!やった〜!

わぁ〜…

すごい…めっちゃ綺麗…
本当に『すごい』しか言葉が出てこんかった。
だって、なんかすごいんやもん。

こんなこと言ったら失礼なのかもしれないけど、観光地みたいな感じになってて
私たち以外の観光客の方達もお祈りとかをするでもなく写真を撮ってわぁ〜て言って帰って行かれてる気がしました。
日本で言ったら京都の清水寺や浅草の浅草寺もそんな感じだもんね。

 

お天気が良くてもう一回カールトン庭園にも寄っていくことにした。
久しぶりにツーショット撮ったりなんかしたよ。えへへ

やっぱりこの緑が生い茂る感じ、大好きだな〜。
将来おうちを建てれるなら絶対芝生のお庭を作るんだ!☆

 

えっ!!

ウェディング撮影してる!笑

 

私たちが撮ろうと思ってた場所で!!
わーわーもし今日気分がノリノリでウェディング撮影やるぞ〜って出発してたら時間的にも完璧鉢合わせしちゃってたパターンだね!笑
しかも彼らはプロのカメラマンとアシスタントさんぽいのがいる中私たちは完全なるセルフィー。
絶対に気まずい感じになってたよね。
気分乗らなくて中止してよかった〜笑

 

ここでビックリしたのが周りの人々の反応。

 

完全無視。

 

もしかしたらここでウェディングの撮影をするのとかポピュラーなのかもしれないね。だって本当に美しいんだもん。そうなるよね。
それでこの公園に来る人たちはそれを見慣れているのかもしれない。
これにはだいぶ勇気付けられた。笑
よーし、明日こそはここで撮影するぞーーー!!!

 

目的のカフェはおうちから歩いて30分くらいのはずだったんだけど、もっと歩いたかも。
昨日も一日中歩いてたから、30〜40分歩いただけでヘロヘロになっちゃった。
けど無事にたどり着けたーーー!!!

SEVEN SEEDS さん。
もうワクワクが止まらない!!
ここは店さきなんだけど、お店と併設して倉庫みたいなところがありました。

 

セブンシーズさん、メルボルンの地元民にも愛されてる有名なカフェだそうで、豆を自家焙煎して自店に出すだけじゃなくて、他のお店にも卸してるんだって。
併設されてるこの倉庫で焙煎してるのかなーと思って写真撮ってみたけど、正直コーヒー豆を焙煎するときに出る香ばしい匂いとかしなかったし、なんかよくよく考えたら違うかも。笑
曖昧な情報でゴメンなさ〜い。

 

お店に入ったら空席がちらほら。
超人気店って聞いてたからもっと賑わってるかなぁって思ったけどそこまでではなかった。
落ち着いてゆっくりできたからそれがすごく助かったよ☆

 

お店にある時計。止まってるの。
時間を気にせずゆっくりして行ってね〜ってことかな?

バリスタカウンターが広々としていて、仕事しやすそうだなぁって池袋タリーズの狭いカウンターで働いてたからそういう目線で見ちゃうよね!笑

カプチーノとアイスラテを注文。ともに4.3ドル(約350円)

おおお〜〜美しい〜〜〜!

見た目的には完璧なカプチーノだー!
味が楽しみ…♡

ん?(変な顔)
ぬるい…?
けどめっちゃ美味しい!
けどぬるい…?
けどめっちゃ美味しい!

 

ここからコーヒーについて語ります。興味のない方は飛ばしてください。笑

 

エスプレッソは少し酸味が効いててでもボディもしっかりしてる!
ミルクはフアッフワでおいし〜!!
ミルクの甘さが際立つね!

 

なんでぬるいんだろー?
メルボルンのこんな有名店の一流であろうバリスタさんが淹れるカプチーノなんだから“失敗してぬるい”はずがない!!何か理由があるはず!
そう思って調べたらやっぱり理由はあった。

 

ミルクを70℃以上に加熱してしまうと甘みの成分が破壊されて美味しくなくなってしまうんだって。
これはタリーズでもそう教えられてて、仕上がり温度が70度前後になるようにミルクをスチーミングする術を習ったんだ。日本ではぬるい=ダメ、で少しでもぬるいとすぐクレームになっちゃうからね。
日本のタリーズでは諸外国よりも少し熱めに温度設定されているんだね☆
ちなみにイタリアとかオーストラリアとかではカプチーノの適正温度は60度前後なんだって。
それで日本の熱いカプチーノに慣れてたからぬるく感じたのか〜!!

 

けどエスプレッソの味もしっかりわかって、ミルクの甘みもしっかり感じられたのはやっぱりいい温度にミルクを炊いてるからなんだね。

 

そっかぁ。きちんと疑問に思って調べて良かった。
じゃないとメルボルンのカプチーノはぬるかった。で記憶に残っちゃう。
本当は気になったその場で店員さんに聞いたりできたら良かったんだけどね。
英語がどーこーの前に何コーヒー知ったかしちゃってんの?とか思われたら怖いなぁって聞けずに終わっちゃうんだ。笑
ダメだね、脱シャイしていかないと。
色んないい情報とか知識とか、逃しちゃう。
頑張れ私ーーー!!!

 

ちなみにここセブンシーズさん、カフェによくあるスイーツメニューが極端に少なかった。
コーヒーで勝負。ってことなのかな?

 

お店の情報です。

 

SEVEN SEEDS(セブンシーズ)
    住所:114 Berkeley st, Melbourne VIC 3000, Australia
  営業時間:日 8:00-17:00
       月-土  7:00-17:00
ウェブサイト:http://sevenseeds.com.au

 

色んなセブンシーズさんの情報を見たんだけど、表面のレンガの色がちょくちょく変わってるみたい。
私たちが行った時(2016年1月)には青色になってたよ♬

こういった遊び心も常連さんを飽きさせなくていいね♬

 

なんかコーヒー飲んだら甘い物食べたくなってきちゃったなぁ。
よしっ今日はカフェ巡りだ!
次は美味しいスイーツが食べれるカフェに行ってみよ〜!

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(/ω\)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です